中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振が実習上の拡充など小牧教育センター増築へ

愛知県自動車整備振興会(坪内恊致 会長)は、整備士教育の拠点である小牧教育センターの増築を決めた。外国人自動車整備技能実習評価試験や特定整備制度などへの対応が目的で、実習場を中心に拡充する。工事の入札や設計などを経て、令和3年度はじめの完成を目指す。増築場所は、現在の教育センター建物の西側で、駐車場に建て面積約430平方㍍の2階建て(述べ約800平方㍍)を建設、既設部分と接続する。1階に実習場と倉庫、2階に教室などを設備。実習場は現在より50%ほど広くなる。

(全文は整備新聞 令和2年3月25日号:1面に掲載)

整備関係JU岐阜AAが顔認証システムで受付スタート前のページ

4月から自賠責保険料が平均で16・4%引き下げ次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件

    特定整備制度に基づく新しい電子制御装置整備認証の取得に必要な整備主任者…

  2. 整備関係

    今後も感染対策対応:兼松幸生・愛中販理事長

    ――昨年のオークション業界の状況はいかがでしたか。兼松…

  3. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

  4. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

  5. 整備関係

    整備関係

    ミャンマーから政府関係者ら整備士制度など視察

    経済発展が著しいミャンマーで、国家技能標準開発事業における自動車整備分…

  6. 整備関係

    機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP