中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振が実習上の拡充など小牧教育センター増築へ

愛知県自動車整備振興会(坪内恊致 会長)は、整備士教育の拠点である小牧教育センターの増築を決めた。外国人自動車整備技能実習評価試験や特定整備制度などへの対応が目的で、実習場を中心に拡充する。工事の入札や設計などを経て、令和3年度はじめの完成を目指す。増築場所は、現在の教育センター建物の西側で、駐車場に建て面積約430平方㍍の2階建て(述べ約800平方㍍)を建設、既設部分と接続する。1階に実習場と倉庫、2階に教室などを設備。実習場は現在より50%ほど広くなる。

(全文は整備新聞 令和2年3月25日号:1面に掲載)

整備関係JU岐阜AAが顔認証システムで受付スタート前のページ

4月から自賠責保険料が平均で16・4%引き下げ次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    愛知部販協・総会で石川新会長選出し運営面を見直し効率化

    愛知県自動車部品販売協会(向井英夫会長)はこのほど、新型コロナウイルス…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツ、女性の目線でSDGs活動へ推進チーム発足

    地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ(本社・名古屋市…

  3. 整備関係

    静岡で「こども110番」活動のツール品を贈呈

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月24日、静岡市駿河…

  4. 整備関係

    岐阜検査員会が幹事会で令和3年度事業など審議

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(…

  5. 整備関係

    整備関係

    自動車盗難 1件当たり被害額が増加

    自動車の盗難防止対策に取り組んでいる日本損害保険協会(損保協)は、今年…

  6. 整備関係

    経営の安定的発展へ:小栗一朗・愛知販売店会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えられたことと心…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP