中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の行政処分「原因はうっかりミス」など

検査員の知識不足などにより、中部では令和元年度に整備事業者に対する厳しい行政処分が発生した。昨年度はペーパー車検などによる指定・認証の取消や自動車検査員解任などは発生しなかったが、排気ガスや前照灯の検査などで、検査員の知識不足やうっかりミスで行政処分を受けるケースが増えていることから、事業者や検査員のコンプライアンスが改めて問われている。

(全文は整備新聞 令和2年4月25日号:1面に掲載)

速報中部でも新型コロナウイルス感染対策で車検有効期間が伸長に前のページ

軽自動車検査協会が令和2年度の事業計画を決める次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局・警戒レベル4で車検場など業務中断

    中部運輸局は災害時に、業務継続の可否判断の規定を一部改正し、販売・整備…

  2. 整備関係

    中部ブロック会議で情報共有し対応策

    整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は「人材確保・育成対策本部」の…

  3. 整備関係

    愛整振・緑支部が総会でOBD検査研修や無料点検を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の緑支部(一江兼広 支部長)は…

  4. 整備関係

    今年度から「溶接ヒューム」を特定化学物質障害予防規則(特化則)などが改正

    金属アーク溶接などの作業において過熱により発生する「溶接ヒューム」が、…

  5. 整備関係

    愛知・港支部がスーパーで点検と防犯ネジの取り付け

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の港支部(鈴木護 支部…

  6. 整備関係

    大阪・関西万博の特別仕様ナンバーを今秋から交付開始

    国土交通省は「2025日本国際博覧会」(大阪・関西万博)の開催を記念し…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP