中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の行政処分「原因はうっかりミス」など

検査員の知識不足などにより、中部では令和元年度に整備事業者に対する厳しい行政処分が発生した。昨年度はペーパー車検などによる指定・認証の取消や自動車検査員解任などは発生しなかったが、排気ガスや前照灯の検査などで、検査員の知識不足やうっかりミスで行政処分を受けるケースが増えていることから、事業者や検査員のコンプライアンスが改めて問われている。

(全文は整備新聞 令和2年4月25日号:1面に掲載)

速報中部でも新型コロナウイルス感染対策で車検有効期間が伸長に前のページ

軽自動車検査協会が令和2年度の事業計画を決める次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス愛知が春のキャンペーンで目標必達に気勢

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(小…

  2. 整備関係

    岐南西支部が役員総会で事業計画などを決める

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)は3月2…

  3. 整備関係

    三重整振・理事会で特定整備対応など報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は5月17日、津市の振興…

  4. 整備関係

    DAITO―焼却炉のオンライン展示場を新設・新営業サービス

    小型焼却炉の製造・販売、メンテナンスなどを行うDAITO(本社…

  5. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

  6. 整備関係

    新明工業・高校生対象にFCV専門講座

    燃料電池自動車(FCV)の整備も行う新明工業(本社・豊田市、佐…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP