中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

愛車協の組合員2社が特定整備の新認証看板

特定整備認証の取得を積極的に進める愛知県自動車車体整備協同組合で、4月に組合員2社が取得、このほど新しい認証看板を事業所入口に掲出した。先陣を切ったのは信晃興業(稲沢市、金原正和社長)とウメヤ自動車(名古屋市西区、赤梅寛保社長)で、両社長とも一級整備士の資格を持つ。

(全文は整備新聞 令和2年6月10日号:4面に掲載)

JU岐阜が総会で地域密着型で事業展開前のページ

愛知軽協が書面総会で新会長に坪内孝暁氏を選出次のページ整備関係

関連記事

  1. 車体整備関係

    高度化講習を定期化:小倉龍一日車恊会長

    あけましておめでとうございます。2022年の新春を迎えるにあたり、所信…

  2. 車体整備関係

    愛車協が12月にエーミング勉強会を計画

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は11月4日、愛知県自動…

  3. 車体整備関係

    大東工業がLINEで会員募集

    特認工場で車体整備専業大手の大東工業(本社・名古屋市中川区、田中秀一社…

  4. 車体整備関係

    車体整備の特定整備認証取得が中部平均で組合員の4割

    車体整備業界の電子制御装置整備認証の取得ペースが、令和3年度に入ってや…

  5. 車体整備関係

    岐阜車恊・高度化講習会に組合員28人が参加

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は11月21日、岐阜市江…

  6. 車体整備関係

    岐阜車恊が総会で効果的な人材育成など計画

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は5月22日、整…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP