中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知電装組合、特定整備対応で組合員増加

特定整備制度への対応に関連して、愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)の組合員数が、4月から一気に15社増えて60社となった。自動車ガラス装着施工事業者12社と、電装品整備事業者3社が新規加入したもので、来年度にはさらにガラス事業者2社が加入を予定していると言われている。新規組合員は新制度の電子制御装置整備認証取得を目指しており、愛整振の令和二年度後期自動車整備士講習(二種養成)電気装置整備士コースには、1クラス定員いっぱいの50人が受講する見通しとなっている。

(全文は整備新聞 令和2年7月10日号:2面に掲載)

愛知自動車会議所、書面総会を行い事業・決算報告など承認前のページ

愛知部品商組合、書面で総会を行い事業計画決める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    車輪脱落防止へ新点検方法導入

    近年、大型車の車輪脱落事故件数が増加していることを踏まえ、国土交通省は…

  2. 整備関係

    三重・未来を考える会がコロナ対応やOBD検査など情報交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  3. 整備関係

    9月から全国一斉に点検キャンペーン始まる

    「気づけるよ 気づかないこと マイカー点検」をスローガンに、今…

  4. 整備関係

    愛整振・青年部会が助成金などテーマに研修会を開く

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・青年部会(池内章雄部会…

  5. 整備関係

    名古屋の軽車検場で検査機器に衝突事故

    軽自動車検査協会愛知主管事務所(名古屋市港区)で11月6日、検…

  6. 整備関係

    愛整振・優良整備士など197人を会長表彰

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)は7月12日、名古屋市…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP