中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知部品商組合、書面で総会を行い事業計画決める

愛知県自動車部品商組合(五島秀明理事長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による第45回通常総会を行い、自動車部品・用品、工具販売を通じて車社会への貢献と健全な業界発展などを骨子とした新年度の事業計画を決めた。新年度は全日本自動車部品卸商協同組合(全部協)が企画するキャンペーンに取り組むとともに、組合員の経営基盤確立や会員相互の連携を図りながら事業を展開する。

(全文は整備新聞 令和2年7月10日号:2面に掲載)

愛知電装組合、特定整備対応で組合員増加前のページ

愛知県自動車整備振興会会長・坪内恊致氏死去次のページお悔やみ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜の人材確保、コロナ禍で一部事業中止も8月に体験学習計画

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜県…

  2. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

  3. 整備関係

    愛整振・中川支部が電子制御認証取得をテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部…

  4. 整備関係

    燃費の良い乗用車ランキングを公表・普通車1位はヤリス

    国土交通省は令和二年末時点で販売されている乗用車の燃費ランキングを公表…

  5. 整備関係

    整備関係

    2020年度のNGKスパークガールに亀澤杏奈さん

    日本特殊陶業(本社・名古屋市、川合尊社長)は、2020年度の「NGKス…

  6. 整備関係

    福井整振がコロナ対策で規模縮小し定時総会を開催

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月22日、福井県自動車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP