中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知部品商組合、書面で総会を行い事業計画決める

愛知県自動車部品商組合(五島秀明理事長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による第45回通常総会を行い、自動車部品・用品、工具販売を通じて車社会への貢献と健全な業界発展などを骨子とした新年度の事業計画を決めた。新年度は全日本自動車部品卸商協同組合(全部協)が企画するキャンペーンに取り組むとともに、組合員の経営基盤確立や会員相互の連携を図りながら事業を展開する。

(全文は整備新聞 令和2年7月10日号:2面に掲載)

愛知電装組合、特定整備対応で組合員増加前のページ

愛知県自動車整備振興会会長・坪内恊致氏死去次のページお悔やみ

関連記事

  1. 整備関係

    新春放談:川村保憲愛整振会長~技術革新に対応し「整備力」さらに

    2022年がスタートしました。我が国ではようやく、新型コロナウ…

  2. 整備関係

    豊川支部が総会開き役員改選で近田支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊川支部(大羽政好支部…

  3. 整備関係

    日整連・登録実技試験の結果、平均合格率59%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、1月16日に実施した令和3年度…

  4. 整備関係

    1月の登録実技試験平均合格率は55パーセント

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、1月17日に実施…

  5. 整備関係

    未来を考える会が行政と意見交換に向けて内容確認

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  6. 整備関係

    三重運輸支局、整備士や検査員など54人を表彰

    三重運輸支局(白木広治支局長)は10月15日、津市の三重県総合…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP