中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知・中支部、地元警察と連携して防犯ネジの取り付け

自動車関連盗難が後を絶たない中、愛知県自動車整備振興会・中支部(野田浩司支部長)は7月10日、名古屋市中区のマックスバリュ千代田店の駐車場で地元警察と連携してナンバープレート盗難防止ネジ取り付けキャンペーン(写真)を実施した。

(全文は整備新聞 令和2年7月25日号:2面に掲載)

岐阜整振、7月から入庫促進キャンペーンを展開前のページ

ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

    中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃…

  2. 整備関係

    整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和2年度版の自…

  3. 整備関係

    三重整備商工・総代会、竹林理事長再選し教育指導や環境経済事業を計画

    三重県自動車整備商工組合(竹林武一理事長)は6月4日、津駅前の…

  4. 整備関係

    愛整振青年部会、総会開き池内新部会長選出、「改めてスタート」強調

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の青年部会(伊藤篤志部会…

  5. 整備関係

    JSK春日井が盛大に組合設立50周年祝賀会

    春日井自動車販売整備協同組合(永田喜代春理事長)は2月1日、春…

  6. 整備関係

    愛整振・川村保憲会長の就任インタビュー

    愛知県自動車整備振興会の新会長に9月1日付で、副会長を努めてきた川村保…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP