中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認

自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(奥田道博支部長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による総会・例会を行い、新年度の事業計画などを決めた。今期の事業について奥田支部長は「自動車業界は100年に一度の大変革に差し掛かっている。それに輪をかけるように新型コロナウイルスが世界で大流行し、経済が大打撃を受けている」と、最近の状況について説明するとともに、整備業界においては「特定整備やOBD検査などの対応が求められている。

(全文は整備新聞 令和2年7月25日号:2面に掲載)

愛知・中支部、地元警察と連携して防犯ネジの取り付け前のページ

JAF中部本部が観光施設への誘客アプリで支援展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振・外国人学校で職業講和をリモートで

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は、人材確保事業の一環として9月…

  2. 整備関係

    未来を考える会が行政と意見交換に向けて内容確認

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツ東海店が高齢者対象に健康安全運転講座

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は11月24日、同社東海店で東海市…

  4. 整備関係

    永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介

    国土交通省は経済産業省と連携し、3月25日に東京都江東区のTOC有明コ…

  5. 整備関係

    四日市・伊勢志摩の図柄入りナンバー普及促進へPR強化

    地域の魅力アップなどを目的に、自動車の図柄入りナンバープレートが全国各…

  6. 整備関係

    トラック市場の動向、普通・小型ともコロナ禍の影響で荷動き鈍る

    日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)はこのほど、2020年度に実施…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP