中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認

自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(奥田道博支部長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による総会・例会を行い、新年度の事業計画などを決めた。今期の事業について奥田支部長は「自動車業界は100年に一度の大変革に差し掛かっている。それに輪をかけるように新型コロナウイルスが世界で大流行し、経済が大打撃を受けている」と、最近の状況について説明するとともに、整備業界においては「特定整備やOBD検査などの対応が求められている。

(全文は整備新聞 令和2年7月25日号:2面に掲載)

愛知・中支部、地元警察と連携して防犯ネジの取り付け前のページ

JAF中部本部が観光施設への誘客アプリで支援展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    人材育成など積極化:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和4年の新春を迎えるにあたり、謹…

  2. 整備関係

    電子制御整備認証・中部の取得率が平均47・9%に

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均…

  3. 整備関係

    岐阜整振・岐南西支部が総会で安全フェアや産廃共同収集など計画

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)はこのほど、令和…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツが高齢者の見守りで、扶桑町と協定結ぶ

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  5. 整備関係

    座席の乗員保護要件の強化など審査事務規定を改正

    自動車技術総合機構はこのほど、自動車検査関係などの審査事務規程の一部を…

  6. 整備関係

    国交省がパブコメ・整備士資格制度を改正

    自動車技術の高度化を背景に、整備士制度が大きく変更されることになった。…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP