中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振が後期整備士講習のクラス増やし10~3月に開校

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため令和2年度前期自動車整備士講習(二養)を中止したが、後期講習を10月から開始する。前期に受講できなかった人を含め、クラス数を増やして実施する。小牧教育センターでは受講希望者の多い3級ガソリンと2級ガソリン整備士講習に集約、豊橋市民センターでは2級ガソリンと前期で中止となった3級ガソリン整備士講習を実施する。また、電気装置整備士講習を小牧教育センターで実施する。

(全文は整備新聞 令和2年9月25日号:3面に掲載)

愛知の中村支部、会員工場の防犯カメラ近くにポスター掲示前のページ

【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全運動を展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

  2. 整備関係

    岡崎支部が県内のトップを切りマイカー無料点検を開始

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  3. 整備関係

    整備技術の高度化を:田中森・福井整振会長

    新年明けましておめでとうございます。【中 略】整備業界におきましては、…

  4. 整備関係

    中部で特定整備認証取得が徐々にペース上がる

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が昨年秋以降、徐々に増加ペ…

  5. 整備関係

    自動運転技術に国際基準導入へ保安基準など改正

    国土交通省は自動運転技術に関する国際基準などを導入するため、道路運送車…

  6. 整備関係

    変革の波に対応して:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、謹…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP