中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・小林博之愛知運輸支局長)は来年2月、整備事業者を対象に人材確保・育成セミナーを計画している。中部管内では一昨年11月に静岡と岐阜で同様のセミナーを開催している。中部運輸局では人材確保の取り組みとして、「高校訪問などの他に、整備士を受け入れる整備事業者の情報共有の場としてセミナーを各県で定着させたい」(林健一自動車技術安全部長)としている。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:1面に掲載)

お知らせホームページをリニューアルしました。前のページ

日整連・整商連が書面で総会、竹林会長らを再選次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

    堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持して…

  2. 特集

    【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全運動を展開

    愛知の事故死者数増加で再びワーストの危機今年も9月21日か…

  3. 整備関係

    岐阜整振が理事会でキャンペーンや競技大会など事業計画を審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は3月24日、岐阜整振本…

  4. 整備関係

    三重の未来を考える会がコロナ禍での活動など意見交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  5. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

  6. 整備関係

    静岡商組が理事会で事業計画などを審議

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は3月24日、静岡市駿河区…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP