中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・小林博之愛知運輸支局長)は来年2月、整備事業者を対象に人材確保・育成セミナーを計画している。中部管内では一昨年11月に静岡と岐阜で同様のセミナーを開催している。中部運輸局では人材確保の取り組みとして、「高校訪問などの他に、整備士を受け入れる整備事業者の情報共有の場としてセミナーを各県で定着させたい」(林健一自動車技術安全部長)としている。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:1面に掲載)

お知らせホームページをリニューアルしました。前のページ

日整連・整商連が書面で総会、竹林会長らを再選次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備の取得、中部平均で全工場の10%に!

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得ペースが上がってきた。と…

  2. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

  3. 整備関係

    整備技術を一層強化:川村保憲・愛整振会長

    令和3年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。昨年は、我が国においても…

  4. 整備関係

    愛整振、総会で事業推進積極化

    愛知県自動車整備振興会は6月12日、名古屋駅前のミッドランドス…

  5. 整備関係

    自動運転技術に国際基準導入へ保安基準など改正

    国土交通省は自動運転技術に関する国際基準などを導入するため、道路運送車…

  6. 整備関係

    愛整振が今年も入庫促進キャンペーンを展開

    愛知県自動車整備振興会は今年も9月1日から、入庫促進などを目的に会員事…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP