中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・小林博之愛知運輸支局長)は来年2月、整備事業者を対象に人材確保・育成セミナーを計画している。中部管内では一昨年11月に静岡と岐阜で同様のセミナーを開催している。中部運輸局では人材確保の取り組みとして、「高校訪問などの他に、整備士を受け入れる整備事業者の情報共有の場としてセミナーを各県で定着させたい」(林健一自動車技術安全部長)としている。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:1面に掲載)

お知らせホームページをリニューアルしました。前のページ

日整連・整商連が書面で総会、竹林会長らを再選次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中日本短大卒業式・留学生含め218人が巣立つ

    神野学園(山田弘幸理事長)の中日本自動車短…

  2. 整備関係

    国交省が大雪時の大型車立ち往生に注意を呼びかけ

    国土苦痛省は、この冬も大雪時の大型車立ち往生防止対策を実施、運送事業者…

  3. 整備関係

    1月の登録実技試験平均合格率は55パーセント

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、1月17日に実施…

  4. 整備関係

    整備関係

    愛知運輸支局・小林博之支局長就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局愛知運輸支局長に前三重運輸支局長の小林博之氏が…

  5. 整備関係

    岐阜整備商工・総代会、組合員の経営基盤強化など計画

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は6月12日、令和三年…

  6. 整備関係

    三重運輸支局、46事業場を支局長表彰

    三重運輸支局は7月27日、津市の自動車整備振興会大教室で環境に…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP