中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く

自動車業界は技術の高度化が急進展し、百年に一度の大変革期と言われている。このような中、今年9月の日本自動車整備振興会連合会総会で竹林武一会長(三重県自動車整備振興会会長)が再選された。特定整備への対応など一層高度な整備技術と設備が求められ、人材の確保と育成が喫緊の課題となっている。整備業界を牽引する竹林会長に今後の見通しや課題などをお聞きした。

―令和2年度の日整連総会で会長に再選されました。2期目に向けた抱負をお聞かせください。竹林会長 自動車業界が百年に一度の大変革期を迎えている中で、整備業界はクルマの安全・安心・環境を守る大切な社会的役割を担っており、クルマ社会を支える重要な基盤であります。社会的な使命を果たせるよう就任来申し上げている「ATM、明るく、楽しく、前向きに!」をモットーに邁進していきたいと考えています。

(全文は整備新聞 令和2年11月25日号:1面に掲載)

愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増前のページ

名古屋の軽車検場で検査機器に衝突事故次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    二輪の灯火器取付に国際基準を導入

    国土交通省は、二輪自動車の灯火器などの取り付けに関する国際基準を導入す…

  2. 整備関係

    整備関係

    特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化

    4月から特定整備制度がスタートするのに伴い、各県自動車整備振興会の対応…

  3. 整備関係

    整備関係

    新型コロナの感染予防で「窓口の混雑避けて」と協力訴え

    新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて「緊急事態宣言」が出されている中…

  4. 整備関係

    整備関係

    保安基準告示改正、来年11月から新型の乗用車に自動ブレーキ義務化

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、新…

  5. 整備関係

    整備関係

    不正改造車排除へユーザー啓発など

    6月は「不正改造車を排除する運動」の強化月間。中部運輸局は自動車関係団…

  6. 整備関係

    整備関係

    三重運輸支局・白木広治支局長就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局三重運輸支局長に前交通政策部計画調整官の白木広…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP