中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く

自動車業界は技術の高度化が急進展し、百年に一度の大変革期と言われている。このような中、今年9月の日本自動車整備振興会連合会総会で竹林武一会長(三重県自動車整備振興会会長)が再選された。特定整備への対応など一層高度な整備技術と設備が求められ、人材の確保と育成が喫緊の課題となっている。整備業界を牽引する竹林会長に今後の見通しや課題などをお聞きした。

―令和2年度の日整連総会で会長に再選されました。2期目に向けた抱負をお聞かせください。竹林会長 自動車業界が百年に一度の大変革期を迎えている中で、整備業界はクルマの安全・安心・環境を守る大切な社会的役割を担っており、クルマ社会を支える重要な基盤であります。社会的な使命を果たせるよう就任来申し上げている「ATM、明るく、楽しく、前向きに!」をモットーに邁進していきたいと考えています。

(全文は整備新聞 令和2年11月25日号:1面に掲載)

愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増前のページ

名古屋の軽車検場で検査機器に衝突事故次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    全国一斉に点検キャンペーン始まるもイベント系は大半中止に

    「どこ行こう その日のために マイカー点検」をスローガンに、今年も9~…

  2. 整備関係

    愛知の半田支部がエーミング作業テーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(坪内恊致会長)の半田支部(芳賀康宜支部…

  3. 整備関係

    中整連が理事会で特定整備制度の対応など

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  4. 整備関係

    整備関係

    三重整振が理事会で技術研修や点検整備の促進など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は3月6日、津市の振興会館で第…

  5. 整備関係

    夏の交通安全運動で「横断中の事故注意」自転車の安全利用を訴え

    愛知県自動車会議所をはじめとする自動車関係団体も参画する愛知県…

  6. 整備関係

    中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

    中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP