中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持している。継続車検では持ち込みの3分の1以上にまで拡大し、整備事業者の需要を侵食している。特定整備制度の中でユーザー車検をいかに減らしていくか、整備業界にとって改めて大きな課題となっている。愛知県の今年度上半期(4~9月)における登録車の車検市場で見ると、新規検査を含むユーザー車検台数は6万4653台で、前年同期(6万2379台)に比べ3・6%増となった。5月を除いて毎月、前年を大きく上回った。

(全文は整備新聞 令和2年11月25日号:1面に掲載)

愛知の後藤修氏が黄綬褒章前のページ

日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    レベル4自動運転の社会実装に向けプロジェクトの工程表など作製

    国土交通省と経済産業省が設置した自動走行ビジネス検討会はこのほど、レベ…

  2. 整備関係

    愛整振・港支部が社会保険労務士招き助成金を題材に研修

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)港支部(鈴木護 支部長…

  3. 整備関係

    バンザイ・OBD検査用スキャンツール使用上の留意点説明

    大手整備用機械工具商社のバンザイでは、令和6年10月から開始さ…

  4. 整備関係

    電子制御整備認証・中部の取得率が平均47・9%に

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均…

  5. 整備関係

    9月から全国一斉に点検キャンペーン始まる

    「気づけるよ 気づかないこと マイカー点検」をスローガンに、今…

  6. 整備関係

    岐阜整振・懸賞キャンペーンの下期抽選を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月26日、同整備振興…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP