中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持している。継続車検では持ち込みの3分の1以上にまで拡大し、整備事業者の需要を侵食している。特定整備制度の中でユーザー車検をいかに減らしていくか、整備業界にとって改めて大きな課題となっている。愛知県の今年度上半期(4~9月)における登録車の車検市場で見ると、新規検査を含むユーザー車検台数は6万4653台で、前年同期(6万2379台)に比べ3・6%増となった。5月を除いて毎月、前年を大きく上回った。

(全文は整備新聞 令和2年11月25日号:1面に掲載)

愛知の後藤修氏が黄綬褒章前のページ

日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・豊川支部が特定整備テーマに役員研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊川支部(大羽政好支部…

  2. 整備関係

    整備技術を一層強化:川村保憲・愛整振会長

    令和3年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。昨年は、我が国においても…

  3. 整備関係

    岐阜整振が高校生対象に体験学習を開催

    自動車整備のおもしろさを知ってもらうと、岐阜県自動車整備振興会…

  4. 整備関係

    継続検査OSSの利用、1月実績・愛知で登録車は58%

    来年1月から電子車検証がスタートするのに伴い、指定整備事業者による継続…

  5. 整備関係

    特定整備認証取得し業界の資質と信頼向上目指す:金原正和・愛車恊理事長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、一…

  6. 整備関係

    ユーザー車検対策「STOP違法整備!!」

    国土交通省は今年度も、車検時に未認証事業者が整備作業を行った可能性のあ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP