中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

【特集】 愛整振・小牧教育センターの増築完成

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)が、昨年九月から進めていた小牧教育センターの増築工事が3月15日に完成した。(写真=増築が完成した小牧教育センター) 特定整備制度や外国人技能実習評価試験などに対応して教育事業を一層充実する目的で、令和三年度から各教育事業で使用する。とくに実習場が従来より50%ほど広くなり、急速に進む自動車技術の高度化に対応して、より実践的で機動的な教育に期待が高まる。増築工事は昨年9月に川村会長をはじめ日東建設、中日設計の工事関係者らが出席し地鎮祭を行い、約6カ月で完成した。

増築場所は、現在の教育センター建物の西側(駐車場)で、建て面積約430平方㍍の2階建て(延べ約800平方㍍)で、本館2階部分と接続している。1階に実習場(約240平方㍍)と倉庫、2階に収容人数約100人の教室などを設備。実習場は従来よりも50%ほど広くなった。

(全文は整備新聞 令和3年4月10日号:5面に掲載)

JU愛知が青年部担当AAで初出品企画など前のページ

電子制御認証で中部の取得率が18%超える次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日査協・愛知県支所長に大森氏が就任

    日本自動車査定協会愛知県支所はこのほど、寺町一憲支所長が退任し、後任の…

  2. 整備関係

    自動車機構、不当要求行為が63件発生

    自動車技術総合機構はこのほど、令和元年度中に全国の事務所(車検場)で発…

  3. 整備関係

    カー用品の売上高が2年ぶりにプラスにコロナ禍で来店増

    一部でコロナ禍の影響を受けながらも、カー用品市場が堅調に推移している。…

  4. 整備関係

    行政処分で同一性確認の徹底などを強調

    中部運輸局は整備事業者に対する昨年度の行政処分を踏まえ、今年度はとくに…

  5. 整備関係

    秋の褒章で中部の整備業界から愛知の森和郷氏が黄綬褒章

    令和3年度秋の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から愛知県…

  6. 整備関係

    愛整振・南支部が総会で地域に密着した事業活動の展開を決める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の南支部(村田全弘 支部長)は…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP