中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

特定整備の取得、中部平均で全工場の10%に!

特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得ペースが上がってきた。とくに、全国的にも先行している中部(5県)において、この二~三ヵ月で増加傾向が一層強まっており、全事業場数に占める同認証事業場の割合が昨年末で平均10%を超えた。整備主任者の資格取得講習修了者も順調に増加している。1月に入って同認証取得に拍車がかかっていると言われており、今後は年度をまたいでディーラーの動きも注目される。

(全文は整備新聞 令和3年1月25日号:1面に掲載)

中部の整備工場数、11月は愛知で廃止が上回る前のページ

愛知で2月13日に人材確保のセミナー開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜検査員会が幹事会で令和3年度事業など審議

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(…

  2. 整備関係

    愛知の自動車盗難・昨年26%減だがレクサスLXの被害が倍増

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は500件となっ…

  3. 整備関係

    国交省・自賠責制度を広報し啓発活動を実施

    期限切れていない?「自賠責保険・自賠責共済」―国土交通省は今年も9月1…

  4. 整備関係

    軽自動車検査協会の事業計画、施設整備など積極的に

    軽自動車検査協会はこのほど令和三年度の事業計画を決めた。事業概要として…

  5. 整備関係

    三重整振・理事会で上半期の報告や点検キャンペーンの対応など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月1日、津市の振興…

  6. 整備関係

    大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化

    大型車の車輪脱落事故が増加していることから、国土交通省は、「大型車の車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP