中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

特定整備の取得、中部平均で全工場の10%に!

特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得ペースが上がってきた。とくに、全国的にも先行している中部(5県)において、この二~三ヵ月で増加傾向が一層強まっており、全事業場数に占める同認証事業場の割合が昨年末で平均10%を超えた。整備主任者の資格取得講習修了者も順調に増加している。1月に入って同認証取得に拍車がかかっていると言われており、今後は年度をまたいでディーラーの動きも注目される。

(全文は整備新聞 令和3年1月25日号:1面に掲載)

中部の整備工場数、11月は愛知で廃止が上回る前のページ

愛知で2月13日に人材確保のセミナー開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    検査員研修など「同一性の確認」を強調

    整備事業者の検査における「同一性の確認不備」により、行政処分に…

  2. 整備関係

    CAA岐阜が初荷で出品企画を多彩に展開し力強く開催

    シーエーエー(CAA・永谷敏行社長)の岐阜会場は1月12日、羽…

  3. 整備関係

    電子制御整備認証・中部で取得率が26%に

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、この6月末現在で中部…

  4. 整備関係

    特定整備・次代へアプローチ「芳賀自動車(半田市)」

    指定工場の芳賀自動車(半田市)は、昨年9月に「電子制御装置整備…

  5. 整備関係

    愛整振・指定22Bが例会と懇親会開き会員の交流深める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・指定22ブロック(津島地区=本…

  6. 整備関係

    愛知部販協が総会で講演会など事業計画

    愛知県自動車部品販売協会(石川量章会長)は6月23日、名古屋市…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP