中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

CAA中部が初荷で流札時・出品料無料などの企画で盛り上げる

シーエーエー(CAA・永谷敏行社長)の中部会場は1月13日、豊田市の同会場で「新春初荷オークション」(写真=セレモニーで挨拶する永谷社長)を開催した。新春セレモニーで永谷社長は「昨年は新型コロナにより、新車・中古車の販売に大きな影響を与え、AA業界においてはセリの在り方を根本から見直す必要に迫りました」と述べるとともに、グループ会場の取り組みについては「昨年八月に中部会場の検査棟二棟、撮影棟一棟が完成し、東京・岐阜・東北の全会場で整備することができた」とし、CAAでは今後も「会員の安全安心を第一に考えながら、売りやすい、買いやすい、参加しやすい会場を目指していきたい」と挨拶した。

(全文は整備新聞 令和3年1月25日号:4面に掲載)

CAA岐阜が初荷で出品企画を多彩に展開し力強く開催前のページ

車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中整連総会、事業計画など書面決議

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  2. 整備関係

    中部の整備工場数、11月は愛知で廃止が上回る

    中部の整備工場数は、2ヵ月連続で認証の廃止が新規を大幅に上回った。中部…

  3. 整備関係

    秋の大臣表彰:中部の整備業界から10氏が受賞

    国土交通省は10月29日、令和2年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  4. 整備関係

    中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可

    中部運輸局が全国で初めて認可した遠隔型自動運転システムによる自動運転車…

  5. 整備関係

    今年も点検整備推進運動~啓発活動を強力に

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間に「自動車点検…

  6. 整備関係

    令和2年4~10月の新規認証は大半が従来の分解整備のみ

    今年4月から特定整備制度がスタートし、新規認証の動きが注目されたが、予…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP