中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年に比べ2人(3人)減少した。死者数が大幅に増加した東京都(155人)より2人少なく、16年間連続で続いていた全国ワーストワンを2年続いて脱却した。(写真:愛知の交通安全運動の様子)

愛知県警がまとめた昨年一年間の交通死亡事故発生状況(確定値)によると、人身事故件数は2万4879件で前年に比べて19・3%減少、負傷者数は2万9559人で同20・1%減少した。やはり、秋以降に多発した。

(全文は整備新聞 令和3年2月10日号:3面に掲載)

今年4月から自賠責が平均6・7%引き下げ前のページ

JU岐阜AAが全出品コーナーで「プラス保証」サービス開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    蒲郡市・東海自動車が中2生徒に整備士の仕事内容を説明

    地元の中学生に整備士の仕事の重要性や楽しさを伝えようと、指定工…

  2. 整備関係

    中部の整備工場数、11月の新規認証が依然高水準~半年間連続で増

    特定整備制度のもとで、中部地区の整備業界では認証の新規が高水準で続いて…

  3. 整備関係

    JU愛知組合・213人が参加し賀詞交歓会を開催

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・兼松幸生理事長)は1月…

  4. 整備関係

    愛知県交通安全県民大会で事故防止へ

    自動車関係団体も参加する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  5. 整備関係

    愛整振・豊橋支部が総会で委員会、部会ごとに新年度計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊橋支部(村田旬一郎支…

  6. 整備関係

    駐車ブレーキなどOBDを活用した点検方法を導入

    国土交通省は、自動車技術の進化が目覚ましく、自動運転技術や電動車の普及…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP