中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年に比べ2人(3人)減少した。死者数が大幅に増加した東京都(155人)より2人少なく、16年間連続で続いていた全国ワーストワンを2年続いて脱却した。(写真:愛知の交通安全運動の様子)

愛知県警がまとめた昨年一年間の交通死亡事故発生状況(確定値)によると、人身事故件数は2万4879件で前年に比べて19・3%減少、負傷者数は2万9559人で同20・1%減少した。やはり、秋以降に多発した。

(全文は整備新聞 令和3年2月10日号:3面に掲載)

今年4月から自賠責が平均6・7%引き下げ前のページ

JU岐阜AAが全出品コーナーで「プラス保証」サービス開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備主任者検査員研修・自主学習とり入れ新方式も

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため多人数での研修が困難にな…

  2. 整備関係

    車輪脱落防止へ新点検方法導入

    近年、大型車の車輪脱落事故件数が増加していることを踏まえ、国土交通省は…

  3. 整備関係

    中部運輸局・新局長に嘉村氏が就任

    中部運輸局の新局長に、1月5日付の国土交通省人事異動で、独立行…

  4. 整備関係

    三重軽自動車会館が竣工

    三重県自動車会議所(竹林武一会長)は12月15日、軽自動車会館…

  5. 整備関係

    愛知自動車会館の展示コーナー月替わりで多彩にPR

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月1日から1カ月間、愛知…

  6. 整備関係

    愛知で2月13日に人材確保のセミナー開催

    愛知自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・小林博之愛知運輸支局長)は2…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP