中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知部販協会長に石川量章氏が就任

愛知県自動車部品販売協会は3月31日付で向井英夫会長が退任し後任の会長に石川量章氏(トヨタモビリティーパーツ愛知支社長)が就任したと発表した。また、事務局長に安田憲能氏が就任し、土井昭一専務理事は退任した。

(整備新聞 令和3年4月10日号:2面に掲載)

特定整備取得の大須自動車、エーミングを軸にユーザーに技術説明など前のページ

静岡商工が3会場で「商工祭」を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(奥田道博支…

  2. 整備関係

    愛整振・指定22Bが総会で新ブロック長に本多章浩氏を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・津島支部所属の31社で…

  3. 整備関係

    整備関係

    特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化

    4月から特定整備制度がスタートするのに伴い、各県自動車整備振興会の対応…

  4. 整備関係

    整備関係

    JAF愛知支部「車内の熱中症」に注意呼びかけ!

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)では、春先から初夏に…

  5. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

    中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長…

  6. 整備関係

    三重整振・総会で竹林会長を再選、業界の使命を訴える

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月4日、津駅前のホテ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP