中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知部販協会長に石川量章氏が就任

愛知県自動車部品販売協会は3月31日付で向井英夫会長が退任し後任の会長に石川量章氏(トヨタモビリティーパーツ愛知支社長)が就任したと発表した。また、事務局長に安田憲能氏が就任し、土井昭一専務理事は退任した。

(整備新聞 令和3年4月10日号:2面に掲載)

特定整備取得の大須自動車、エーミングを軸にユーザーに技術説明など前のページ

静岡商工が3会場で「商工祭」を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振・外国人学校で職業講和をリモートで

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は、人材確保事業の一環として9月…

  2. 整備関係

    電子制御装置整備で新規の専門認証が増加

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進む中で、とくに今年度…

  3. 整備関係

    課題を乗り越えて時代へ!

    令和3年がスタートした。コロナ禍で先が見通せない。まずは、一刻も早くコ…

  4. 整備関係

    愛知の継続車検市場、上半期は0・1%の微減

    継続検査市場が若干減少に転じている。愛知県における令和5年度上半期(4…

  5. 整備関係

    愛整振・役員や整備士ら233人を会長表彰

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は7月7日、名古屋市公会堂で令和…

  6. 整備関係

    来年度からOBD検査のシステム登録始まる

    令和6年10月から車載式故障診断装置(OBD)を活用した自動車検査が実…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP