中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知部販協会長に石川量章氏が就任

愛知県自動車部品販売協会は3月31日付で向井英夫会長が退任し後任の会長に石川量章氏(トヨタモビリティーパーツ愛知支社長)が就任したと発表した。また、事務局長に安田憲能氏が就任し、土井昭一専務理事は退任した。

(整備新聞 令和3年4月10日号:2面に掲載)

特定整備取得の大須自動車、エーミングを軸にユーザーに技術説明など前のページ

静岡商工が3会場で「商工祭」を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    中部の整備工場・4年ぶりに新規が上回る

    中部地区における整備工場数で、令和元年度は4年ぶりに認証の新規が廃止を…

  2. 整備関係

    愛整振・渥美支部が点検教室や街頭検査など積極策

    渥美自動車組合(鈴木正俊組合長)は5月20日、田原市文化広場で…

  3. 整備関係

    梅藤博幸・福井運輸支局長の就任インタビュー

    4月1日付で中部運輸局福井運輸支局長に、前自動車技術総合機構中…

  4. 整備関係

    電子制御整備認証、中部でディーラーの取得が加速

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、10月からの新点検基…

  5. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

  6. 整備関係

    愛整振・豊橋支部が総会で新支部長に村田氏を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)豊橋支部(中山幸宣支部長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP