中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振が理事会でキャンペーンや競技大会など事業計画を審議

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は3月24日、岐阜整振本館で第34回臨時理事会(写真=挨拶する田口会長)を開催した。今回は①令和3年度の事業計画及び予算案②令和3年度の工事等実施計画③愛車にオアシスキャンペーン2021の実施④事務職員の昇格―などを審議した。冒頭、田口会長は特定整備制度への対応として、県内で電子制御装置整備の認証取得が順調に推移していることを説明したうえで、「車検証の電子化やOBD検査など、業界では今後も新しい取り組みへの対応が求められている。自動運転など更なる電子化が進む中で、中部の整備振興会が連携を図りながら、対応を強めていきたい」と挨拶した。

(全文は整備新聞 令和3年4月10日号:1面に掲載)

静岡整振が理事会で整備技術向上や人材確保など事業計画を審議前のページ

静岡商組が理事会で事業計画などを審議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    運輸支局などが年度末の混雑緩和に協力求める

    年度末の繁忙期を迎え、各県運輸支局と軽自動車検査協会は、自動車の検査・…

  2. 特集

    【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める

    自動車技術の高度化を背景に、整備業界も変革への対応を迫られる中…

  3. 整備関係

    三重軽自動車会館が竣工

    三重県自動車会議所(竹林武一会長)は12月15日、軽自動車会館…

  4. 整備関係

    オリ・パラ特別ナンバーの交付と申込期限を1年延長

    国土交通省は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催延…

  5. 整備関係

    JAF愛知支部が豊橋市と県内26番目の観光協定

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は5月26日…

  6. 整備関係

    愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

    堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持して…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP