中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡商組が理事会で事業計画などを審議

静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は3月24日、静岡市駿河区の静岡整振総合会館で令和2年度第3回理事会を開き、新規加入者及び退会者の承認や令和3年度事業計画案・収支予算骨子などについて審議した。新年度の事業経営基盤強化対策では、少子高齢化や若年労働者の減少に伴う人材確保対応として「外国人技能実習生監理団体」の事業に向けた調査・研究を行うとともに、整備技術の高度化への対応として外部診断機やエーミング作業の研修会、Webを活用したセミナーなどを開催する。

(全文は整備新聞 令和3年4月10日号:1面に掲載)

岐阜整振が理事会でキャンペーンや競技大会など事業計画を審議前のページ

中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可次のページ

関連記事

  1. 特集

    【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全運動を展開

    愛知の事故死者数増加で再びワーストの危機今年も9月21日か…

  2. 整備関係

    JAF愛知支部がトヨタ大学校の女学生にチャイルドシート講座

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は3月9日、…

  3. 整備関係

    レベル3自動運転車の広告表示でガイドライン

    自動車公正取引協議会は広告などの表示に際し、レベル3の自動運転車に関す…

  4. 整備関係

    三重運輸支局、整備士や検査員など54人を表彰

    三重運輸支局(白木広治支局長)は10月15日、津市の三重県総合…

  5. 整備関係

    福井整備商工・総代会、振興会とも連携ICT化推進

    福井県自動車整備商工組合(田中森理事長)は5月25日、福井県自…

  6. 整備関係

    一層の整備技術強化:川村保憲・愛整振会長

    令和4年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。2年にわたる新型コロナウ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP