中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐南西支部が役員総会で事業計画などを決める

岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)は3月25日、岐阜整振本館で令和3年度支部役員総会(写真=挨拶する伊藤支部長)を開催した。今回はコロナ禍のため役員のみで実施、岐阜整振の尾崎正俊専務理事、岐阜商工の所泰奈男専務理事が来賓として出席した。

(全文は整備新聞 令和3年4月10日号:2面に掲載)

愛知電装組合・理事会で次期理事長候補に平出氏前のページ

特定整備取得の大須自動車、エーミングを軸にユーザーに技術説明など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

    昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年…

  2. 整備関係

    JAF愛知支部が通勤中のドライバーなどに交通安全を啓発

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「夏の交通…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツ、津島市と高齢者支援を協定し見守り活動など

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部の整備工場・4年ぶりに新規が上回る

    中部地区における整備工場数で、令和元年度は4年ぶりに認証の新規が廃止を…

  5. 整備関係

    整備関係

    日整連の実態調査で定期点検売り上げ3・4%増

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は平成31年度の自動…

  6. 整備関係

    バンザイ・エイミング作業のセンターサポートナビなど

    大手整備用機械工具商社のバンザイでは、車体整備の完成検査におい…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP