中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中日本自動車短大が留学生含め299人が入学

神野学園・中日本自動車短期大学(山田弘幸理事長・学長)は4月6日、令和3年度入学式(写真)を行い、299人の新入学生を迎え入れた。今年もコロナ禍のため、来賓や保護者は不参加で新入生と教職員のみで開催、参加者は体温計測やマスク着用の上、座席の間隔を広くして行った。自動車工学科252人(うち留学生180人、女子13人)、モータースポーツエンジニアリング(MSE)学科34人(うち留学生2人)、専攻科1級自動車整備専攻3人、同車体整備専攻6人、留学生別科4人の合計299人。そのうち自動車工学科の留学生はネパール100人、ベトナム45人、中国12人、スリランカ11人、バングラディシュ8人、ミャンマー2人、インドネシア2人で、留学生が71%。

(全文は整備新聞 令和3年4月25日号:3面に掲載)

東海自動車が「健康経営優良法人」に認定、従業員の健康管理に注力前のページ

JAF愛知支部が高速道路SAで交通安全イベント次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    三重運輸支局・白木広治支局長就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局三重運輸支局長に前交通政策部計画調整官の白木広…

  2. 整備関係

    愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、今年度からスタートし…

  3. 整備関係

    静岡整振・総会で杉山会長を再選、積極的に事業を推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月21日、静岡市駿河…

  4. 整備関係

    永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介

    国土交通省は経済産業省と連携し、3月25日に東京都江東区のTOC有明コ…

  5. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

  6. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP