中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡で「こども110番」活動のツール品を贈呈

静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月24日、静岡市駿河区の同整備振興会総合会館で令和二年度「こども110番の店・活動ツール品」の贈呈式(写真)を行った。

同振興会の会員事業場が行っている「こども110番の店」活動を県内のこどもたちに広く知ってもらうことが目的。贈呈式では、杉山会長が静岡県防犯協会連合会の渡邊伸一専務理事に「こども110番の店活動ツール品(5000セット)」の目録を手渡した。

(全文は整備新聞 令和3年4月25日号:1面に掲載)

中部行政処分、令和2年度は検査員解任が増加前のページ

特定整備施行1年、中部運輸局・林健一自動車技術安全部長特別インタビュー次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    事故防止をさらに~春の交通安全運動を展開

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  2. 整備関係

    愛知・江南支部が会員の二世らが参加して若手会が交流

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)は1…

  3. 整備関係

    愛知の中村支部、会員工場の防犯カメラ近くにポスター掲示

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・中村支部(加藤博久支部…

  4. 整備関係

    愛知の岡崎支部が整備技術向上へセミナーを開く

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  5. 整備関係

    CAA岐阜が初荷で出品企画を多彩に展開し力強く開催

    シーエーエー(CAA・永谷敏行社長)の岐阜会場は1月12日、羽…

  6. 整備関係

    自動車の安全性能評価でスバル・レヴォーグが最高得点を獲得

    国土交通省は2020年度「自動車の安全性能の評価結果」を発表した。自動…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP