中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

豊川支部が総会開き役員改選で近田支部長を選出

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊川支部(大羽政好支部長)は4月9日、豊川市民プラザで第15回通常総会(写真)を開き、令和3、4年度の事業計画や予算などを承認したほか、役員改選で新支部長に近田清隆氏(近田自動車)を選出した。同支部は隔年で総会を開き2年間の事業計画などを決めている。冒頭、大羽支部長は「昨年度はコロナ禍で事業の大半が中止となったが、七月に地元警察と防犯ネジの取り付けを行うことができた。今年度はコロナと向き合いながら事業を展開したい」と強調。その後、近田新支部長は「整備技術の向上や若い整備士の確保、後継者育成など課題が山積している。コロナ対応しながら、勉強会や親睦事業を通じて会員相互の情報交換を強めたい」と決意を述べた。

令和3、4年度の事業は、先進運転支援システムや自動運転技術の進化、継続検査OSS化など業界の変化が予想される中で、今後も会員同士の連携を図りながら整備経営の向上や交通安全活動などを積極的に推進していくこととした。

(全文は整備新聞 令和3年4月25日号:2面に掲載)

静岡整備政治連盟が総会開き業界の課題解決向け推進前のページ

愛知ダイハツが安城でも高齢者見守り活動次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振が理事会で令和4年度事業・決算報告など審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)は5月24日、静岡整振…

  2. 整備関係

    愛整振が理事会、山積する課題対応など強調

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は5月10日、小牧教育セ…

  3. 整備関係

    高度化講習など推進:小倉龍一・日車恊連会長

    あけましておめでとうございます。2021年の新春を迎えるにあたり、所信…

  4. 整備関係

    カードクターとして:竹林武一・三重整振会長

    新年あけましておめでとうございます。令和5年の新年を迎えるに当たり、年…

  5. 整備関係

    三重・未来考える会が行政との意見交換について審議

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は1…

  6. 整備関係

    愛知の継続車検、登録車は前年比3・5%増

    車検市場が堅調に推移している。大市場の愛知県における令和2年度の継続検…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP