中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

トヨタ系ディーラーの行政処分を国交省が発表

国土交通省は10月20日付で、トヨタ自動車の系列ディーラーの一部拠点で明らかになっていた不正車検について指定取消などの行政処分を行った。国交省の発表によると、9月29日に関東運輸局が不正車検を行ったトヨタモビリティ東京レクサス高輪に対して、指定自動車整備事業の指定の取消処分を行ったが、同日にトヨタ自動車から自動車局に、全国の系列販売会社に対する総点検の結果、レクサス高輪以外にも11店舗における違反(違反台数828台)が発覚したことについて報告があった。

(全文は整備新聞 令和3年11月10日号:2面に掲載)

 

愛知電装整備商組が整備士講習など事業報告前のページ

愛整振・一宮支部が点検基準改正などをテーマに研修会次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    点検整備推進さらに:小林博之・愛知運輸支局長

    あけましておめでとうございます。令和4年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨…

  2. 整備関係

    日整連が理事会で新技術への対応やOSS促進など事業計画

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月13日…

  3. 整備関係

    電子制御装置整備で新規の専門認証が増加

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進む中で、とくに今年度…

  4. 整備関係

    JAF中部本部がバーチャル空間で交通安全の啓発

    日本自動車連盟(JAF)中部本部(山口真史本部長)は4月1日、…

  5. 整備関係

    整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

    整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連…

  6. 整備関係

    三谷興業・大型車整備工場を新築移転、最新設備で作業効率を向上

    三谷興業(本社・名古屋市中区、三谷道郎社長)はこのほど、東海市…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP