中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

トラック市場の動向、普通・小型ともコロナ禍の影響で荷動き鈍る

日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)はこのほど、2020年度に実施した「普通トラック市場動向調査」と「小型・軽トラック市場動向調査」の結果をまとめた。いずれも隔年でアンケート調査しているもので、今回の結果には新型コロナウイルス感染症の影響も表れている。「普通トラック市場動向調査」は、昨年8月下旬~10月上旬に実施。

その結果、運輸業・自家用ともに前回(2018年度)は経営状況に好転の兆しが見えたものの、2020年の新型コロナウイルス感染症流行の影響か、「好転」が前回より低下、「悪化」が大幅に増加し、14年度以降では「好転」が最も低くなった。2年前と比べた荷扱量水準も減少した。

(全文は整備新聞 令和3年5月10日号:4面に掲載)

JU岐阜が多彩な企画で設立8周年記念AAを開催前のページ

静岡政治連盟が業界の使命強調、国会議員などに要望書次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも

    登録車や軽自動車の検査場内における受検者の事故が多く発生している。検査…

  2. 整備関係

    岐阜整振・今年も入庫促進キャンペーンを展開

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月1日から、点検整備…

  3. 整備関係

    整備関係

    日整連「令和2年度のスローガン」決まる

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、マイカー点検キャ…

  4. 整備関係

    軽自動車検査協会の事業計画、施設整備など積極的に

    軽自動車検査協会はこのほど令和三年度の事業計画を決めた。事業概要として…

  5. 整備関係

    豊川支部がスーパー駐車場で防犯ネジ取付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中で、愛知県自動車整備振興会(川村…

  6. 整備関係

    入庫促進対策さらに:田口隆男・岐阜整振会長

    令和3年の年頭にあたり、謹んでお慶びを申し上げますとともに、昨年中に賜…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP