中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化

西尾自動車整備協業組合(杉浦隆代表理事、T・S日進商会社長)はこのほど、車検車両管理システム(写真=システムのポイントを説明する富岡英樹工場長)を新たに導入して車検対応の効率化を図っている。このシステムは、スムーズな車両管理を目的に、同組合の片山和彦専務理事(山庄会長)が考案したもの。物流倉庫の管理システムを活用し、ライン(LINE)アプリで独自の車検車両管理システムを新たに構築した。システムを導入したことにより、車両受付、部品待ち、完成検査待ち、完成検査終了の情報が随時ラインで通知される。組合員は通知を確認しながら登録関係手続や車両の引き取りなどの予定をスムーズに行うことができる。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:2面に掲載)

三重整振・理事会で特定整備対応など報告前のページ

愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    JSK春日井が盛大に組合設立50周年祝賀会

    春日井自動車販売整備協同組合(永田喜代春理事長)は2月1日、春…

  2. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  3. 整備関係

    愛整振・蟹江支部が総会でユーザー対策や会員の親睦など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の蟹江支部(髙橋秀治支部長)はこ…

  4. 整備関係

    1月の登録実技試験平均合格率は55パーセント

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、1月17日に実施…

  5. 整備関係

    特定整備認証取得し業界の資質と信頼向上目指す:金原正和・愛車恊理事長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、一…

  6. 整備関係

    整備関係

    三重運輸支局・白木広治支局長就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局三重運輸支局長に前交通政策部計画調整官の白木広…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP