中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本社ステーション一階ショールーム横でカーシェアサービス(写真)を開始した。ダイハツ工業が推進するMaaS(マース)の一環で、第1弾として本社ステーションでトヨタシェア・ダイハツステーションのサービスを展開する。利用方法は、専用アプリをダウンロードして、愛知ダイハツ本社ステーションを検索して予約する。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:2面に掲載)

LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化前のページ

特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長…

  2. 整備関係

    愛整振・中川支部が電子制御認証取得をテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部…

  3. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

    中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長…

  4. 整備関係

    岐阜整振が理事会で上半期の事業などを報告

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月14日、岐阜市の岐…

  5. 整備関係

    日整連の事業計画、特定整備対応や人材確保など

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(日整連・整商連、…

  6. 整備関係

    愛整振・西春日井支部が時代の変化に対応して各種事業を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)西春日井支部(天野正道支部長)は…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP