中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本社ステーション一階ショールーム横でカーシェアサービス(写真)を開始した。ダイハツ工業が推進するMaaS(マース)の一環で、第1弾として本社ステーションでトヨタシェア・ダイハツステーションのサービスを展開する。利用方法は、専用アプリをダウンロードして、愛知ダイハツ本社ステーションを検索して予約する。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:2面に掲載)

LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化前のページ

特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知・岡崎支部が助成金・補助金などテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)岡崎支部(横山陽一支部長…

  2. 整備関係

    令和2年4~10月の新規認証は大半が従来の分解整備のみ

    今年4月から特定整備制度がスタートし、新規認証の動きが注目されたが、予…

  3. 整備関係

    愛知の自動車盗難・昨年26%減だがレクサスLXの被害が倍増

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は500件となっ…

  4. 整備関係

    愛整振・稲沢支部が総会で研修会など柱に令和3・4年度の計画決める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の稲沢支部(金原且典支部長)はこ…

  5. 整備関係

    自動車整備技能登録試験・1級実技試験の合格率は35%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、8月22日に実施した令和2年度…

  6. 整備関係

    岐阜整備商工・総代会、組合員の経営基盤強化など計画

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は6月12日、令和三年…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP