中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本社ステーション一階ショールーム横でカーシェアサービス(写真)を開始した。ダイハツ工業が推進するMaaS(マース)の一環で、第1弾として本社ステーションでトヨタシェア・ダイハツステーションのサービスを展開する。利用方法は、専用アプリをダウンロードして、愛知ダイハツ本社ステーションを検索して予約する。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:2面に掲載)

LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化前のページ

特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    国交省「STOP違法整備!」整備委託先をアンケート調査

    国土交通省は今年度も、自動車の分解整備を違法に行う事業者の情報収集を行…

  2. 整備関係

    変革の波に対応して:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、謹…

  3. 整備関係

    全国一斉に 「マイカー点検キャンペーン」 を展開

    コロナ禍でイベント系は大半中止「ニッポンの 安心つなぐ マイカー点…

  4. 整備関係

    岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月22日、岐阜市の同…

  5. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

  6. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP