中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本社ステーション一階ショールーム横でカーシェアサービス(写真)を開始した。ダイハツ工業が推進するMaaS(マース)の一環で、第1弾として本社ステーションでトヨタシェア・ダイハツステーションのサービスを展開する。利用方法は、専用アプリをダウンロードして、愛知ダイハツ本社ステーションを検索して予約する。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:2面に掲載)

LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化前のページ

特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整政連が理事会で盟国会議員との懇談会や陳情など活動方針を審議

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

  2. 整備関係

    ナンバープレート表示が10月から取り付け角度など新基準に

    この10月からナンバープレートの表示の位置や方法について、新基準の適用…

  3. 整備関係

    愛整振・支部が県内各地で防犯ネジの取り付けキャンペーン

    自動車関連盗難が後を絶たない中、今年度も愛知県自動車整備振興会…

  4. 整備関係

    豊川・伊藤モータースの52周年感謝祭に1300人来場

    指定工場の伊藤モータース(豊川市、伊藤孝盛社長)は2月13、1…

  5. 整備関係

    課題を乗り越えて時代へ!

    令和3年がスタートした。コロナ禍で先が見通せない。まずは、一刻も早くコ…

  6. 整備関係

    整備関係

    自動車登録申請添付書類の有効期間を延長扱い

    国土交通省では、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、自動車登録申…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP