中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

軽自動車検査協会の事業計画、施設整備など積極的に

軽自動車検査協会はこのほど令和三年度の事業計画を決めた。事業概要としては、公正かつ確実な検査を実施するため、コンプライアンスの確保及び業務執行体制の強化が必要不可欠となっている。軽自動車OSSの導入をはじめとする情報システムの整備による経費の増加、OBD検査や自動車検査証の電子化への対応に伴う新たな経費の発生、補助職員の処遇改善をはじめ働き方改革を進めるための人件費の増加等により、今後は財務状況が非常に厳しくなることが見込まれることから、予算の策定及び執行にあっては、資金繰りに支障を生じないよう必要性を十分精査したうえ、経費節減に努め計画的に行うとしている。主要施策としては、①確実な検査の確保②検査・届出関係業務の充実③施設設備④業務運営の効率化、経費節減⑤新型コロナウイルス感染症防止対策の徹底―などに取り組む。

(全文は整備新聞 令和3年6月10日号:4面に掲載)

車体関係岐阜車協が総会で平野理事長を再選前のページ

JAF愛知支部が豊橋市と県内26番目の観光協定次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特別企画:中部5県振興会・商工組合の会長・理事長が座談会

    自動車技術の急進展を背景に、整備業界も大変革期に入った。当面の課題は特…

  2. 整備関係

    静岡商工が理事会で経営支援や共同購買事業を計画

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は3月23日、静岡市駿河区…

  3. 整備関係

    杉浦タイヤ商会が「タイヤ充填安全セット」の発売を開始

    ブリヂストンタイヤ特約店の杉浦タイヤ商会(静岡県湖西市、杉浦進一社長)…

  4. 整備関係

    愛整振・西尾支部が総会で青年部と連携し地域活動なども

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西尾支部(木下卓住支部長)はこ…

  5. 整備関係

    特定整備施行1年、中部運輸局・林健一自動車技術安全部長特別インタビュー

    特定整備制度がスタートして1年、整備業界にとって目下の1番の課題は先進…

  6. 整備関係

    愛整振が創立70周年記念誌を作成

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は「創立70周年記念誌」を作成し…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP