中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証の取得率は全国約10%で中部は20%超える

特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得が、全国的にも徐々に進んできた。国土交通省のまとめによると、今年4月末現在の電子制御装置(運行補助装置)整備に係る認証件数は、全国合計で9053件と全工場の1割に近づいた。このうち新規申請での取得は256件(2・8%)で、ほとんどは対象事業の変更申請によるものだった。また、自動運行装置の認証取得は全国で25件となった。

(全文は整備新聞 令和3年6月10日号:1面に掲載)

車検証の電子化に向け設備投資に支援要請前のページ

岐阜整振で特定整備の説明会を5月に13回開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振、総会で人材育成などを強調

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月22日、津駅前のホ…

  2. 整備関係

    電子車検証、国交省がA6サイズにICタグの仕様を決める

    電子車検証、国交省がA6サイズにICタグの仕様を決める…

  3. 整備関係

    整備関係

    特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化

    4月から特定整備制度がスタートするのに伴い、各県自動車整備振興会の対応…

  4. 整備関係

    健全な車社会発展へ:山口真史・愛知会議所会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎え、ここに謹んで…

  5. 整備関係

    愛整振・西支部が研修会や親睦会、点検教室など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・愛整振西支部(堀田誠支部長)は…

  6. 整備関係

    機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP