中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証の取得率は全国約10%で中部は20%超える

特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得が、全国的にも徐々に進んできた。国土交通省のまとめによると、今年4月末現在の電子制御装置(運行補助装置)整備に係る認証件数は、全国合計で9053件と全工場の1割に近づいた。このうち新規申請での取得は256件(2・8%)で、ほとんどは対象事業の変更申請によるものだった。また、自動運行装置の認証取得は全国で25件となった。

(全文は整備新聞 令和3年6月10日号:1面に掲載)

車検証の電子化に向け設備投資に支援要請前のページ

岐阜整振で特定整備の説明会を5月に13回開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜商工が理事会開き事業計画などを審議

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は第163回理事会(写…

  2. 整備関係

    今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者などを対象にスキャンツールの導入補…

  3. 整備関係

    中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可

    中部運輸局が全国で初めて認可した遠隔型自動運転システムによる自動運転車…

  4. 整備関係

    整備関係

    愛知の継続車検「登録車は前年比0・4%減」

    車検市場が安定して推移している。愛知県における令和元年度の継続検査台数…

  5. 整備関係

    継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

    新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度…

  6. 整備関係

    整備関係

    4月から自賠責保険料が平均で16・4%引き下げ

    自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が4月1日から、平均16・4%…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP