中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車の安全性能評価でスバル・レヴォーグが最高得点を獲得

国土交通省は2020年度「自動車の安全性能の評価結果」を発表した。自動車の安全性能を評価・公表する「自動車アセスメント」において、最高評価にあたる「ファイブスター賞」を六車種が獲得した。中でも、スバル・レヴォーグが最高得点を獲得し「ファイブスター大賞」に輝いた。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:2面に掲載)

愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画前のページ

ロータス岐阜がWEB総会で可兒支部長選出し、事業計画など決める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化

    西尾自動車整備協業組合(杉浦隆代表理事、T・S日進商会社長)は…

  2. 整備関係

    愛整振・一宮支部、会員30人が親睦深め意見交換を

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の一宮支部(住田正一 …

  3. 整備関係

    軽検査三河支所で7月10日から第1と第2コースの検査機器更新工事

    軽自動車検査協会愛知主管事務所三河支所は、7月10日から来年1月17日…

  4. 整備関係

    三重整振・高校生を対象に体験学習会を開催

    「自動車に興味のある高校生のみなさん、自動車整備を体験してみま…

  5. 整備関係

    静岡運輸支局・功労者や優良事業者など表彰

    静岡運輸支局(野田敏幸支局長)は10月25日、静岡市駿河区の静…

  6. 整備関係

    国土交通省・トヨタ自動車など型式指定で不正行為

    国土交通省は6月3日、型式指定申請における不正行為の有無等に関する自動…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP