中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車の安全性能評価でスバル・レヴォーグが最高得点を獲得

国土交通省は2020年度「自動車の安全性能の評価結果」を発表した。自動車の安全性能を評価・公表する「自動車アセスメント」において、最高評価にあたる「ファイブスター賞」を六車種が獲得した。中でも、スバル・レヴォーグが最高得点を獲得し「ファイブスター大賞」に輝いた。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:2面に掲載)

愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画前のページ

ロータス岐阜がWEB総会で可兒支部長選出し、事業計画など決める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    コロナの緊急事態宣言で登録申請添付書類の有効期間を延長

    新型コロナウイルス感染拡大に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受けて…

  2. 整備関係

    中部運輸局人事異動、管内5支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

  3. 整備関係

    整備関係

    整備需要動向調査で景況感が大幅に悪化

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一 会長)はこのほど、第48…

  4. 整備関係

    愛整振・豊田支部と指定Bが合同役員会でコロナ禍の影響など事業報告

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊田支部(杉浦直人支部…

  5. 整備関係

    一層の整備技術強化:川村保憲・愛整振会長

    令和4年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。2年にわたる新型コロナウ…

  6. 整備関係

    整備関係

    岐阜運輸支局が高校の出前講座で現役整備士の魅力発信

    岐阜運輸支局は2月13日、岐阜県立岐南工業高等学校で自動車整備人材の確…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP