中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ロータス岐阜がWEB総会で可兒支部長選出し、事業計画など決める

自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部は5月24日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、Webによる総会・例会を開催、新年度の事業計画などを決めたほか、役員改選で新支部長に可兒英樹氏を選出した。また、第2部の「春の総合キャンペーン表彰式及びサマーキャンペーンの決起大会」では目標達成に向けて宣言などを行った。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:3面に掲載)

自動車の安全性能評価でスバル・レヴォーグが最高得点を獲得前のページ

JU岐阜AAの軽トラックコーナーで農繁期応援月間が好調次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    JAF愛知がクルマや自転車のドライバーに交通安全訴える

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「春の交通…

  2. 整備関係

    中部4月の整備工場数で廃止が再び大幅増加、愛知で目立つ

    中部の整備工場数は、再び廃止が新規を大幅に上回る流れが強まった。中部運…

  3. 整備関係

    東海自動車が「健康経営優良法人」に認定、従業員の健康管理に注力

    指定工場の東海自動車工業(蒲郡市、三田俊和社長)はこのほど、「…

  4. 整備関係

    中部運輸局・新局長に嘉村氏が就任

    中部運輸局の新局長に、1月5日付の国土交通省人事異動で、独立行…

  5. 整備関係

    整備関係

    新春放談・愛整振の坪内恊致会長に聞く

    自動車整備業界も今年から大変革期を迎える。自動運転など自動車技術の急進…

  6. 整備関係

    愛整振・理事会で整備技術強化など来年度の事業計画を承認

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は3月19日、小牧教育セ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP