中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の刈谷支部が総会で技術研修など活動再開めざし

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の刈谷支部(野村昇司支部長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による第30回通常総会を行い、新年度の事業計画などを決めたほか、役員改選で野村支部長を再選した。今期の事業について野村支部長は「昨年度はコロナ禍のため活動を自粛することとなったが、今年度はコロナウイルスの状況を見ながら、少しずつ活動を再開していきたい」としている。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:4面に掲載)

軽検査三河支所で7月10日から第1と第2コースの検査機器更新工事前のページ

愛知の渥美支部が総会で鈴木操新支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    松井・岐阜運輸支局長、就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前軽自動車検査協会愛知…

  2. 整備関係

    車輪脱落防止へ新点検方法導入

    近年、大型車の車輪脱落事故件数が増加していることを踏まえ、国土交通省は…

  3. 整備関係

    JAF愛知支部が夕暮れ時の事故防止を呼びかけ

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「秋の交通…

  4. 整備関係

    今年度から「溶接ヒューム」を特定化学物質障害予防規則(特化則)などが改正

    金属アーク溶接などの作業において過熱により発生する「溶接ヒューム」が、…

  5. 整備関係

    トラスティーレンタがカタログなどでレンタカーの代車メリットをPR

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  6. 整備関係

    日整連の事業計画、特定整備対応や人材確保など

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(日整連・整商連、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP