中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部長)はこのほど、書面による第30回通常総会を行い、会員相互の交流や研修会の開催などを骨子とした新年度の事業計画を決めた。役員改選では大矢支部長らを再選した。今期の事業について大矢支部長は「昨年度はコロナウイルスの影響もあり、多くの事業活動を中止することとなったが、今後は状況を見ながら、情報交換会や研修事業などを計画していきたい」としている。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:4面に掲載)

愛知の昭和支部が書面総会で研修会など事業計画前のページ

愛知の江南支部が書面総会で研修会など事業計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知自動車会議所・理事会で検査登録関係など事業計画決める

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月24日、書面による令和…

  2. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

  3. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局・「特定整備」の説明など積極化

    道路運送車両法改正に伴う特定整備制度などが実施されることから、中部運輸…

  4. 整備関係

    特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化

    指定工場の睦自動車(本社・豊橋市)は12年3月、本社工場及び牛…

  5. 整備関係

    PRや人材育成など組合員の支援を積極化:横山隆仁・岐阜中販理事長

    ――昨年の中古車市場はいかがでしたか。横山理事長 昨年…

  6. 整備関係

    愛知部販協・総会で石川新会長選出し運営面を見直し効率化

    愛知県自動車部品販売協会(向井英夫会長)はこのほど、新型コロナウイルス…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP