中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜の人材確保、コロナ禍で一部事業中止も8月に体験学習計画

産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜県自動車整備人材確保・育成連絡会」はこのほど、書面による第12回連絡会を行い、令和3年度の事業計画などを決めた。主な計画は、①高等学校訪問(支局)②高校生体験学習(振興会)③キッズタウンぎふの参加④児童画コンクール2021の開催(振興会)⑤教育活性化事業(JU岐阜)―などを計画している。また、コロナ禍のため、マーサ21での点検フェアーや国際たくみアカデミー職業能力開発校での「親子しごと体験教室」は開催を中止することとした。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:2面に掲載)

愛知の人材確保、イベントや教材提供などを計画前のページ

愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    変革の波に対応して:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、謹…

  2. 整備関係

    岐阜でクルマの児童画作品展を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は12月14、15日の2…

  3. 整備関係

    愛知の津島支部が総会で横井隆幸新支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の津島支部(吉田眞志支部…

  4. 整備関係

    静岡整振・総会で杉山会長を再選、積極的に事業を推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月21日、静岡市駿河…

  5. 整備関係

    愛知の中村支部、会員工場の防犯カメラ近くにポスター掲示

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・中村支部(加藤博久支部…

  6. 整備関係

    三重の未来を考える会がコロナ禍での活動など意見交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP