中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

行政処分で同一性確認の徹底などを強調

中部運輸局は整備事業者に対する昨年度の行政処分を踏まえ、今年度はとくに検査における「同一性相違違反」をポイントに、事業者の不正・ミス防止に取り組む。整備事業に係る監査・指導連絡会議の文書で各整備振興会に、会員への周知と指導を要請した。また、10月から新点検基準が施行されることから、電子制御装置関係の適切な点検を、研修・講習などを通じて指導していくこととしている。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:1面に掲載)

JU岐阜AA・新コーナー「トレタマ100」を12月まで期間限定で実施前のページ

中部運輸局人事、瀬賀康浩局次長・髙瀬竜児技術安全部長など就任次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備業界の重鎮 坪内恊致愛整振会長が死去

    30余年間業界をリード 整備業界の重鎮、愛知県自動車整備振興会の坪内恊…

  2. 整備関係

    保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援

    自動車事故による被害者の保護を増進するため、自動車損害賠償責任保険(自…

  3. 整備関係

    整備関係

    【特集】 今年も6月「不正改造車を排除する運動」

    今年度も6月1ヵ月間を強化月間として「不正改造車を排除する運動」が全国…

  4. 整備関係

    交通死亡事故多発する中で「春の交通安全運動」

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  5. 整備関係

    2級自動車整備士の検査員資格事項は変更なし

    今回の整備士資格制度見直しに当たっては、当初の「自動車整備技術の高度化…

  6. 整備関係

    三重運輸支局、環境に優しい優良41事業場を表彰

    三重運輸支局(加藤正光支局長)は7月27日、津市の自動車整備振…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP