中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツ、女性の目線でSDGs活動へ推進チーム発足

地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ(本社・名古屋市中区、坪内孝暁社長)は6月17日、本社会議室でSDGs推進チーム(写真=坪内社長と推進チームのメンバー)の発足とキックオフミーティングを開催、チームリーダーに経営戦略部人事戦略グループの谷口由美子課長を選出するとともに、具体的な活動内容などを決めた。女性スタッフのみのチームは全国的にも珍しく、女性ならではの目線でSDGsの取り組みに力を入れる。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:2面に掲載)

日整連がWeb・書面で総会、新技術への対応など前のページ

愛知整備商工・総代会、川村理事長再選し組織力活かし共同経済事業を次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  2. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

    中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長…

  3. 整備関係

    整備関係

    港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

    アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自…

  4. 整備関係

    行政処分で同一性確認の徹底などを強調

    中部運輸局は整備事業者に対する昨年度の行政処分を踏まえ、今年度はとくに…

  5. 整備関係

    愛整振・指定6Bが総会で研修事業などの計画を決める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第6ブロック(西・…

  6. 整備関係

    社会的役割しっかり:竹林武一・三重整振会長

    新年あけましておめでとうございます。令和4年の新年を迎えるに当たり、年…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP