中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

岐阜車協が産廃処理費回収へ説明会

自動車修理に伴って発生する部品の産業廃棄物処理問題に取り組む岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は、組合員に対するアンケート結果に基づいて、産廃処理費回収に向けた説明会を11月7日、整備振興会館で開く。新型コロナウイルス感染防止対策もあり、対面講習と同時に希望者にはZoomによりオンライン配信する。

(全文は整備新聞 令和3年10月10日号:3面に掲載)

今年度から「溶接ヒューム」を特定化学物質障害予防規則(特化則)などが改正前のページ

運送事業者の事故対策補助金を11月末まで受付次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    来年度も車体整備士講習、特定整備認証取得を推進

    このところ、車体整備業界の電子制御装置整備認証の取得ペースが落ちている…

  2. 車体関係

    車体整備関係

    中部5県車協総会・特定整備対応など計画

    中部各県の自動車車体整備協同組合は、5月下旬から6月上旬にかけて通常総…

  3. 車体整備関係

    加藤鈑金がテュフ認証プラチナを取得、品質レベルを「見える化」

    指定工場の加藤鈑金整備(加藤多賀志社長)はこのほど、テュフ(T…

  4. 車体整備関係

    大東工業がLINEで会員募集

    特認工場で車体整備専業大手の大東工業(本社・名古屋市中川区、田中秀一社…

  5. 車体整備関係

    静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は10月23日、静岡県自…

  6. 車体整備関係

    愛車協理事会で役員改選への手順も説明

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は12月8日、愛知県自動…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP