中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催

静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は10月23日、静岡県自動車整備振興会西部会館で経営セミナーを開いた。7月の東部地区での開催に次ぐ第2弾で、今回も整備振興会西部地区の協賛で開催し、振興会会員を含め47人が参加した。内容は前回同様、講師は事故車損害調査協会の中谷昌平代表理事と、岐阜車協統括委員長でオートボデーショップ篠田の篠田和也社長。中谷講師は事故車修理における「協定前の基礎知識」、篠田講師は「町工場のエーミング作業と請求の実態」と題して講演した。

(整備新聞 令和3年11月10日号:3面に掲載)

自動車整備の外国人技能実習制度、コロナ禍で受験者数半減前のページ

岐阜車協が理事会で予算計画の修正など審議次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    特殊整備3団体が連絡会開き情報交換

    愛知の自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)、自動車電装品整…

  2. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協青年部会がエーミングの検証会を開く

    車体整備業界で先進安全自動車対応の修理技術強化が求められる中、岐阜県自…

  3. 車体整備関係

    新明工業がティフ認証を取得、より高度な車体修理技術に対応

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、佐々木和彦社長…

  4. 車体整備関係

    愛車協・理事会で整備士講習や事業計画など総会上程議案を審議

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は4月27日、愛知県自動…

  5. 車体整備関係

    高度な車体整備推進:金原正和愛車恊理事長

    新年明けましておめでとうございます。愛知県自動車車体整備協同組合理事長…

  6. 車体整備関係

    車体整備の特定整備認証取得が中部平均で組合員の4割

    車体整備業界の電子制御装置整備認証の取得ペースが、令和3年度に入ってや…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP