中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催

静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は10月23日、静岡県自動車整備振興会西部会館で経営セミナーを開いた。7月の東部地区での開催に次ぐ第2弾で、今回も整備振興会西部地区の協賛で開催し、振興会会員を含め47人が参加した。内容は前回同様、講師は事故車損害調査協会の中谷昌平代表理事と、岐阜車協統括委員長でオートボデーショップ篠田の篠田和也社長。中谷講師は事故車修理における「協定前の基礎知識」、篠田講師は「町工場のエーミング作業と請求の実態」と題して講演した。

(整備新聞 令和3年11月10日号:3面に掲載)

自動車整備の外国人技能実習制度、コロナ禍で受験者数半減前のページ

岐阜車協が理事会で予算計画の修正など審議次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    先進安全技術に対応:小倉龍一日車恊会長

    新年あけましておめでとうございます。令和5年の新春を迎えるに当たり、所…

  2. 車体整備関係

    JU岐阜組合が総会で組合員の認知度アップなど計画

    岐阜県中古自動車販売協会並びに同商工組合(JU岐阜・横山隆仁会…

  3. 車体整備関係

    愛車協が理事会で教育事業など重点に計画

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は4月26日、愛知県自動…

  4. 車体整備関係

    愛車協・理事会で組合員の実態調査などについて審議

    愛知県自動車車体整備協同組合(平岩晃一 理事長)は11月10日…

  5. 車体整備関係

    金融庁・車体整備の工賃を調査、工賃単価引き上げ要望が多数

    金融庁は、自動車保険を用いた事故車両の修理代金に関して、全国の自動車車…

  6. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協・保険金で産廃処理費の支払い問題「裁判で決着」の考え固める

    廃部品などの産業廃棄物を適正処理する環境保全に取り組む岐阜県自動車車体…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP