中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

中部の4車協、組合員の減少止まらず

特定整備制度により、自動車車体整備協同組合の組合員数減少に歯止めがかかることが期待されたが、中部地区では昨年度も組合員数の減少が続いた。各組合とも組合員の新規入会より脱会が多く、昨年1年間で愛知は129社から127社、岐阜は122社から120社、福井は78社から71社に減少、三重車協が99社で維持したが、減少の流れは変わらない。静岡は昨年6月に組合を解散した。

(全文は整備新聞 令和5年5月10日号:3面に掲載)

愛知で5月11日から春の交通安全運動を展開前のページ

岐阜車協青年部が総会で新部会長に新谷氏を選出次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    静岡車恊が総会で「6月末で組合解散」承認、46年の歴史に幕下ろす

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は5月22日、県…

  2. 車体整備関係

    中部車協連が協議会で次期会長も愛知から選出

    静岡を除く中部四県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車…

  3. 車体関係

    車体整備関係

    愛車協の組合員2社が特定整備の新認証看板

    特定整備認証の取得を積極的に進める愛知県自動車車体整備協同組合で、4月…

  4. 車体整備関係

    中部車協連が講習会などで情報交換

    中部地区自動車車体整備協同組合連絡協議会(会長・金原正和愛車協理事長)…

  5. 車体整備関係

    中部の車体整備業界、特定整備認証取得がややペースダウン

    特定整備制度に基づく車体整備業界の電子制御装置整備認証の取得が、今年度…

  6. 車体整備関係

    中部車協連・高度化講習会や特定整備など情報交換

    静岡を除く中部四県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP