中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

加藤鈑金整備がエーミング専用工場を竣工

指定工場の加藤鈑金整備(本社・名古屋市守山区、加藤多賀志社長)は、同社の隣地に新たにエーミング専用工場「ファーストファクトリー」を竣工し、8月17日から稼働を始めた。(写真=最新の設備を設置したエーミング専用工場)8月2日には、お披露目会及び講習会を行い、①スタンダードエーミング②4輪アライメント測定・調整の重要性③損傷波及び範囲の確認・調整の重要性④変わりゆく車検・車体修理、エーミングとの重要な関係―など、新工場に導入した最新の設備機器の概要について説明した。

(全文は整備新聞 令和4年9月10日号:3面に掲載)

NGK・後付けの踏み間違い防止「アイアクセル」の取り扱いを開始前のページ

中部車協連・組合運営などで情報交換次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    愛知の特殊3団体が来季の事業活動などで情報交換

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)、自動車電装品整…

  2. 車体整備関係

    愛車協の事業・教育委員会が高度化講習や賛助会員との交流を検討

    愛知県自動車車体整備協同組合(平岩晃一 理事長)は9月12日、…

  3. 車体関係

    車体整備関係

    日車恊連・総会で小倉会長を再選、特定整備など柱に事業計画

    日本自動車車体整備協同組合連合会(日車協連、小倉龍一会長)は6月15日…

  4. 車体整備関係

    車体整備の特定整備認証取得が中部平均で組合員の4割

    車体整備業界の電子制御装置整備認証の取得ペースが、令和3年度に入ってや…

  5. 車体整備関係

    岐阜車協・総会で平野理事長らを再選

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は5月21日、岐…

  6. 車体整備関係

    日車協連・小倉龍一会長:デジタル化への対応

    新年明けましておめでとうございます。輝かしい令和6年の新春を迎えるに当…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP