中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

加藤鈑金整備がエーミング専用工場を竣工

指定工場の加藤鈑金整備(本社・名古屋市守山区、加藤多賀志社長)は、同社の隣地に新たにエーミング専用工場「ファーストファクトリー」を竣工し、8月17日から稼働を始めた。(写真=最新の設備を設置したエーミング専用工場)8月2日には、お披露目会及び講習会を行い、①スタンダードエーミング②4輪アライメント測定・調整の重要性③損傷波及び範囲の確認・調整の重要性④変わりゆく車検・車体修理、エーミングとの重要な関係―など、新工場に導入した最新の設備機器の概要について説明した。

(全文は整備新聞 令和4年9月10日号:3面に掲載)

NGK・後付けの踏み間違い防止「アイアクセル」の取り扱いを開始前のページ

中部車協連・組合運営などで情報交換次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    愛車協・理事会で組合員の実態調査などについて審議

    愛知県自動車車体整備協同組合(平岩晃一 理事長)は11月10日…

  2. 車体整備関係

    愛知コグニ会・「不正」を題材に意見交換

    愛知コグニ会(加藤多賀志 会長)は、堀内の都築竜介部長を講師に「これっ…

  3. 車体整備関係

    愛車協の事業・教育委員会が高度化講習や賛助会員との交流を検討

    愛知県自動車車体整備協同組合(平岩晃一 理事長)は9月12日、…

  4. 車体整備関係

    愛車協が能登半島地震で義援金22万円を寄託

    愛車協は、「令和6年能登半島地震」の被災地に義援金22万円を贈った。こ…

  5. 車体整備関係

    愛車協が12月にエーミング勉強会を計画

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は11月4日、愛知県自動…

  6. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協・保険金で産廃処理費の支払い問題「裁判で決着」の考え固める

    廃部品などの産業廃棄物を適正処理する環境保全に取り組む岐阜県自動車車体…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP