中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車整備の外国人技能実習制度、コロナ禍で受験者数半減

全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)によると「外国人自動車整備技能実習評価試験(初級)」の受験者数が今年は483人(9月29日現在)となった。新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、昨年の同時期と比較すると約54%と大きく減少している。とくに愛知県は技能試験の受験者数が4年連続で全国一となっているが、今年は全国的に大きく減少することが予想される。

(全文は整備新聞 令和3年11月10日号:4面に掲載)

JU愛知で中古車販売士の試験に32人受験前のページ

静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    JAF愛知支部・ショップジャパンが会員優待施設に

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)はこのほど、ショップ…

  2. 整備関係

    静岡整振のイベントで子供たちが整備士体験など

    子供たちに整備士の仕事の魅力を発信する静岡県自動車整備振興会(…

  3. 整備関係

    整備需要動向調査で売上・入庫DI改善、コロナ禍の影響薄れる

    コロナ禍の影響などで悪化が続いていた総整備売上高・総入庫台数DIや景況…

  4. 整備関係

    高山東・西支部が総会開き、点検整備の推進など計画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・飛騨ブロック(大宮昌夫…

  5. 整備関係

    中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可

    中部運輸局が全国で初めて認可した遠隔型自動運転システムによる自動運転車…

  6. 整備関係

    愛整振・指定22Bが総会で新ブロック長に本多章浩氏を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・津島支部所属の31社で…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP