中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF愛知が防災サミットに参画し災害時の車トラブルを注意喚起

日本自動車連盟(JAF)の愛知支部(寺町一憲支部長)は11月2、3の両日、名古屋市熱田区の金山総合駅南口広場をメインに開催された「ナゴヤ防災サミット2022リアルイベント」に参画し、災害時の車のトラブルに関する注意喚起などを行った。(写真)

(全文は整備新聞 令和4年11月25日号:3面に掲載)

愛整振・緑支部が時間短縮し午前中に50台を無料点検前のページ

JU愛知がJUクレジット年間取扱全国1位で記念植樹次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    福井県永平寺町・自動運転で全国初レベル4の運転を開始

    福井県永平寺町で5月21日から、全国で初めて運転者を配置しないレベル4…

  2. 整備関係

    日整連・コンビニのレジで点検キャンペ―ンをPR

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和4年…

  3. 整備関係

    中部の検査場・ロービーム計測の対応で整備・調整を呼びかけ

    中部地区の検査場では8月1日から、ヘッドライト…

  4. 整備関係

    愛整振・指定7Bが会員ら21人が参加し新年意見交換会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)指定第7ブロック(北・東…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証・中部の7月末の取得率は平均63%

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、会員の7月末現…

  6. 整備関係

    整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

    整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP