中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・蟹江支部が総会でユーザー対策や会員の親睦など計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の蟹江支部(髙橋秀治支部長)はこのほど、書面による通常総会を行い、ユーザー対策や会員相互の親睦などを骨子とした令和3年度事業計画などを決めたほか、役員改選で髙橋支部長を再選した。新年度は会員相互の連携や支部組織の強化を図るとともに「時代の変化に対応した活動」を展開する。

(全文は整備新聞 令和3年8月10日号:3面に掲載)

 

愛整振・知多支部が総会で安全・安心対策柱に活動を計画前のページ

愛整振・稲沢支部が総会で研修会など柱に令和3・4年度の計画決める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知電装組合・理事会で次期理事長候補に平出氏

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は3月15日、…

  2. 整備関係

    愛知の豊川支部、ドライブスルー方式で防犯ネジの取り付け

    自動車関連盗難が増加している中で、愛知県自動車整備振興会・豊川…

  3. 整備関係

    整備関係

    愛知自動車会議所が理事会で令和2年度の事業計画決める

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月17日、書面による令和2年度理…

  4. 整備関係

    愛知の自動車盗難・昨年26%減だがレクサスLXの被害が倍増

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は500件となっ…

  5. 整備関係

    岐阜整振、初のエーミング研修会を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月25日、同整振岐阜…

  6. 整備関係

    整備関係

    中部の行政処分「原因はうっかりミス」など

    検査員の知識不足などにより、中部では令和元年度に整備事業者に対する厳し…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP