中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・蟹江支部が総会でユーザー対策や会員の親睦など計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の蟹江支部(髙橋秀治支部長)はこのほど、書面による通常総会を行い、ユーザー対策や会員相互の親睦などを骨子とした令和3年度事業計画などを決めたほか、役員改選で髙橋支部長を再選した。新年度は会員相互の連携や支部組織の強化を図るとともに「時代の変化に対応した活動」を展開する。

(全文は整備新聞 令和3年8月10日号:3面に掲載)

 

愛整振・知多支部が総会で安全・安心対策柱に活動を計画前のページ

愛整振・稲沢支部が総会で研修会など柱に令和3・4年度の計画決める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

    今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点…

  2. 整備関係

    愛知の車検市場は上半期も底堅く

    今年度上半期(4~9月)の継続車検市場は、いわゆる裏年に当たるものの堅…

  3. 整備関係

    村上隆幸・三重運輸支局長の就任インタビュー

    中部運輸局三重運輸支局長に前自動車事故対策機構名古屋主管支所長…

  4. 整備関係

    愛整振・中川支部が警察と共催でナンバープレート盗難防犯ネジ取付け行う

    自動車関連盗難が後を絶たない中、愛知県自動車整備振興会(川村保…

  5. 整備関係

    2級自動車整備士の検査員資格事項は変更なし

    今回の整備士資格制度見直しに当たっては、当初の「自動車整備技術の高度化…

  6. 整備関係

    鈴鹿整備組合が街頭検査で不具合車両に口頭指導を

    鈴鹿自動車整備組合(平田靖典 理事長)は運輸支局、自動車技術総…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP