中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・知多支部が総会で安全・安心対策柱に活動を計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の知多支部(佐治秀樹支部長)は5月22日、知多市勤労文化会館で第30回通常総会を開き、地域の安全・安心対策を柱とした令和3年の事業計画などを決めたほか、役員改選で佐治支部長を再選した。新年度は会員相互の意見交換と親睦を深めるとともに、時流に対応した事業を積極的に推進する。

(全文は整備新聞 令和3年8月10日号:3面に掲載)

エイニーズガレージ・エーミング専門工場に月80台ペースで入庫前のページ

愛整振・蟹江支部が総会でユーザー対策や会員の親睦など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可

    中部運輸局が全国で初めて認可した遠隔型自動運転システムによる自動運転車…

  2. 整備関係

    愛整振・総会で川村会長を再選、特定整備対応など協調

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は6月11日、名古屋駅前…

  3. 整備関係

    中部運輸局が不正改造車排除の運動など説明

    中部運輸局は5月17日、局会議室で定例の記者懇談会を開き、①宿泊旅行統…

  4. 整備関係

    新明工業・高校生対象にFCV専門講座

    燃料電池自動車(FCV)の整備も行う新明工業(本社・豊田市、佐…

  5. 整備関係

    三重整振が警察に交通事故防止啓発物を寄贈

    秋の交通安全運動が展開される中、三重県自動車整備振興会(竹林武…

  6. 整備関係

    岐阜整振がイベントに参画し子供たちを対象に仕事体験イベントを実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月21、22の両日、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP