中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・知多支部が総会で安全・安心対策柱に活動を計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の知多支部(佐治秀樹支部長)は5月22日、知多市勤労文化会館で第30回通常総会を開き、地域の安全・安心対策を柱とした令和3年の事業計画などを決めたほか、役員改選で佐治支部長を再選した。新年度は会員相互の意見交換と親睦を深めるとともに、時流に対応した事業を積極的に推進する。

(全文は整備新聞 令和3年8月10日号:3面に掲載)

エイニーズガレージ・エーミング専門工場に月80台ペースで入庫前のページ

愛整振・蟹江支部が総会でユーザー対策や会員の親睦など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備主任者検査員研修・自主学習とり入れ新方式も

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため多人数での研修が困難にな…

  2. 整備関係

    整備関係

    中部の行政処分「原因はうっかりミス」など

    検査員の知識不足などにより、中部では令和元年度に整備事業者に対する厳し…

  3. 整備関係

    三重整振が理事会で来年度の事業計画など審議

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は3月3日、津市の振興会…

  4. 整備関係

    愛知指定研究会が特定整備など業界環境テーマに勉強会

    県内の有力指定整備工場で構成する愛知県自動車指定研究会(奥村静…

  5. 整備関係

    愛整振が今年も入庫促進キャンペーンを展開

    愛知県自動車整備振興会は今年も9月1日から、入庫促進などを目的に会員事…

  6. 整備関係

    三重運輸支局が環境対策で優良42事業場を表彰

    三重運輸支局は8月7日、津市の三重県自動車整備振興会会議室で令…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP