中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF愛知支部「車内の熱中症」に注意呼びかけ!

日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)では、春先から初夏にかけて車内温度の上昇による子どもなどの車内熱中症の事故防止を呼び掛けている。JAFによるユーザーテストでは春先から初夏にかけての過ごしやすい環境であっても、窓を閉め切った車内の温度は日の出とともに上昇を続け、最高気温を記録する午後2時頃の車内温度は50度近くまで上昇するとしており、空気の循環がない車内では日光で温められた空気が留まり、思った以上に温度が上昇する。とくに直射日光にさらされるダッシュボード上面では70度以上、フロントガラス付近でも60度近くまで上昇することがあることから、「春先でも油断は禁物。車内温度には要注意」と事故防止を訴える。

(全文は整備新聞 令和2年5月10日号:2面に掲載)

愛知で特定整備認証の看板お目見え前のページ

三重運輸支局・白木広治支局長就任インタビュー次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振、7月から入庫促進キャンペーンを展開

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月1日から点検整備入庫促進策…

  2. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局人事・3運輸支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

  3. 整備関係

    愛整振・南支部が会員の交流や地域密着の活動を展開

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)南支部(村田全弘支部長)はこのほ…

  4. 整備関係

    整備関係

    整備業界もいよいよ大変革期へ

    令和2年がスタートした。待望の東京オリンピック・パラリンピックが開かれ…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証取得は中部で全国の3割強

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証資格取得が急務となっているが、…

  6. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP