中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備工場数で10月の新規が廃止の3倍に

特定整備制度への取り組みが活発化する中で、中部の整備工場数は認証の新規が廃止を大幅に上回る状況が続いている。中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場数及び新規・廃止状況によると、10月は合計で認証の新規が30件、廃止が10件で、6月以降5カ月連続で新規が廃止を上回った。

(全文は整備新聞 令和3年11月25日号:3面に掲載)

岐阜整振・第18回整備技能競技大会を開催、優勝は西濃Bの松岡・尾﨑選手前のページ

JU岐阜AAの「プラス保証」などが人気!「トレタマ」3コーナーも活況次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    前田明均・軽検協愛知主管事務所長の就任インタビュー

    4月1日付で、軽自動車検査協会愛知主管事務所長に前愛知運輸支局…

  2. 整備関係

    愛知のディーラー工場が不正車検で指定取り消し処分

    愛知県でディーラーの大がかりな不正車検が発覚し、中部運輸局は3月30日…

  3. 整備関係

    コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

    今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点…

  4. 整備関係

    愛知運輸支局・整備士や検査員など80人を表彰

    愛知運輸支局は10月11日、名古屋市公会堂で令和5年度功労者表…

  5. 整備関係

    愛知の中村支部、会員工場の防犯カメラ近くにポスター掲示

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・中村支部(加藤博久支部…

  6. 整備関係

    岐阜整振・指定部会、全会員の新規認証取得を積極化

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は4月15日、岐阜市の岐…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP