中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備工場数で10月の新規が廃止の3倍に

特定整備制度への取り組みが活発化する中で、中部の整備工場数は認証の新規が廃止を大幅に上回る状況が続いている。中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場数及び新規・廃止状況によると、10月は合計で認証の新規が30件、廃止が10件で、6月以降5カ月連続で新規が廃止を上回った。

(全文は整備新聞 令和3年11月25日号:3面に掲載)

岐阜整振・第18回整備技能競技大会を開催、優勝は西濃Bの松岡・尾﨑選手前のページ

JU岐阜AAの「プラス保証」などが人気!「トレタマ」3コーナーも活況次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が事故防止セミナーで情報共有

    「安全・健康意識のさらなる高揚」~自動車最新技術を活用した安全対策~を…

  2. 整備関係

    整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和2年度版の自…

  3. 整備関係

    イヤサカ・作業時間短縮する大型車用ホイールバランサー

    大手整備用機械工具商社のイヤサカはこのほど、HUNTER「大型…

  4. 整備関係

    電子制御装置整備、中部で取得率50%超える

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得率が、3月末現在で中部では…

  5. 整備関係

    特定整備・次代へアプローチ「明豊自動車(豊田市)」インタビュー

    指定工場の明豊自動車(豊田市)は1月、「電子制御装置整備」の認…

  6. 整備関係

    三重・未来を考える会がコロナ対応やOBD検査など情報交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP