中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知自販協が「LGBTS」(性的少数者)などテーマにメンタルヘルス事例検討

愛知県自動車販売店協会・自販連愛知県支部(小林剛会長・支部長)は9月15日、名古屋市中川区の愛知県自販会館で「2022年度メンタルヘルス事例検討」(写真)を行った。今回はWebを活用しての事例検で会員ディーラーのマネージャーや課長などの管理職を中心に26人が参加した。講師はBeスタッフィング平野睦産業カウンセラーで、テーマは会員から要望のあった「LGBTSの視点」「ADHD対応の留意点」について意見交換しながら研修した。同協会では、メンタルヘルスの調査で約半数の会員企業から「うつ病」などの疾患について報告や相談を受けているほか、最近では「LGBTS」(性的少数者)や「ADHD」(発達障害)などによるトラブルで、退職するケースもあり、メンタルヘルスの重要性を強調している。

(全文は整備新聞 令和4年10月10日号:3面に掲載)

USS名古屋・出品1万2259台で40周年AAを開催前のページ

岐阜・郡上支部が食の祭典で点検整備をアピール次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    半田支部が忘年会で最近の業界動向など話題に親睦

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の半田支部(芳賀康宜 …

  2. 整備関係

    岐阜では道の駅など利用してマイカー無料点検を展開

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は、県下の道の駅などを…

  3. 整備関係

    三重整振・理事会で特定整備対応など報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は5月17日、津市の振興…

  4. 整備関係

    愛知・愛知支部が商工まつりに参画して点検を説明

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の愛知支部(武田春由 …

  5. 整備関係

    整備業賠償共済が10月から保険内容を改定しメリット向上

    整備事業者が加入することができる「自動車整備業賠償共済保険」の加入に力…

  6. 整備関係

    愛整振・南支部が総会で会員交流や地域密着事業を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の南支部(村田全弘 支部長)は…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP