中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

技術高度化背景に法・制度改正さらに「整備業界も大変革期へ」

2022年がスタートした。この2年間、世界中が新型コロナウイルスに翻弄され、社会経済活動も停滞を余儀なくされたが、人間の英知が時代を常に前へ進めている。未知との遭遇に不安はあるが、夢と希望は果てしなく広がる。困難を乗り越え、課題を克服し、次代へ今年も力強く一歩を。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:1面に掲載)

自動運転化実証実験支援など:嘉村徹也・中部運輸局長前のページ

CAA中部・会員から選ばれる会場を目指して次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜商工・理事会で事業・予算など総代会議案を審議

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は4月26日、整備振興…

  2. 整備関係

    愛知電装商組・理事会で事業計画などを審議

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久理事長)は4月18日、…

  3. 整備関係

    整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和2年度版の自…

  4. 整備関係

    電子制御装置整備、中部で取得率50%超える

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得率が、3月末現在で中部では…

  5. 整備関係

    業界の持続的繁栄へ:田中森・福井整振会長

    新年明けましておめでとうございます。 令和4年の節目となる輝かしい新年…

  6. 整備関係

    愛車協・理事会で金原理事長の続投を支持

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は3月2日、愛知…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP