中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車会館の展示コーナーで特殊3団体の活動をアピール

愛知県の自動車車体整備協同組合、自動車電装品整備商工組合、タイヤ商工協同組合の特殊整備3団体は11月1ヵ月間、愛知県自動車会館1階フロアの展示コーナーで、それぞれ業界の概要や活動をアピールする展示を行っている。これは、愛知県自動車会議所の構成団体が交代でPRする取り組みで、今回は3団体が合同で実施しているもの。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:3面に掲載)

杉浦タイヤ商会が「タイヤ充填安全セット」の発売を開始前のページ

監査・認定のテュフラインランドジャパンが「ロードサービス・テュフ認証」を開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

    昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年…

  2. 整備関係

    日整連がWeb・書面で総会、新技術への対応など

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(竹林武一会長)は…

  3. 整備関係

    愛知の自動車盗難・昨年26%減だがレクサスLXの被害が倍増

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は500件となっ…

  4. 整備関係

    整備主任者検査員研修・自主学習とり入れ新方式も

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため多人数での研修が困難にな…

  5. 整備関係

    静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河…

  6. 整備関係

    検査員研修など「同一性の確認」を強調

    整備事業者の検査における「同一性の確認不備」により、行政処分に…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP