中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車会館の展示コーナーで特殊3団体の活動をアピール

愛知県の自動車車体整備協同組合、自動車電装品整備商工組合、タイヤ商工協同組合の特殊整備3団体は11月1ヵ月間、愛知県自動車会館1階フロアの展示コーナーで、それぞれ業界の概要や活動をアピールする展示を行っている。これは、愛知県自動車会議所の構成団体が交代でPRする取り組みで、今回は3団体が合同で実施しているもの。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:3面に掲載)

杉浦タイヤ商会が「タイヤ充填安全セット」の発売を開始前のページ

監査・認定のテュフラインランドジャパンが「ロードサービス・テュフ認証」を開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡商組が理事会で事業計画などを審議

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は3月24日、静岡市駿河区…

  2. 整備関係

    愛される業界めざし:竹林武一・三重整振会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新年を迎えるに当たり、年…

  3. 整備関係

    ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(奥田道博支…

  4. 整備関係

    整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需…

  5. 整備関係

    JAF愛知支部がトヨタ大学校の女学生にチャイルドシート講座

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は3月9日、…

  6. 整備関係

    愛知盗難防止恊が総会開き新型の盗難防止ネジ発表も

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP