中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・豊川支部が自動車技術の動向などで研修会

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・豊川支部(近田清隆支部長)は12月10日、豊川市民プラザで研修会(写真)を開き、会員ら40人が参加した。研修ではデンソーソリューション・グローバルカンパニーの藤澤照之サービスソリューション部営業第二室担当課長が「自動車の技術と行政の動向」として、自動車業界におけるCASEを中心とした動きや将来の修理としてコネクテッドカーの整備、予防整備の必要性、エーミング調整などについて説明。また、三菱HCキャピタルオートリース営業本部中部支店の田中英憲営業第二課長は「事故・故障の代車レンタカー導入」の提案として、整備事業の新しい収益の柱となる代車レンタカーを活用した管理費削減・収益アッププランの概要について解説。愛整振総務部の谷孝浩次長は「特定整備事業制度等の概要と対応」について、①自動車特定整備事業②点検基準の見直し③自動車検査証の電子化④OBD検査の導入―など、施行や導入時期をはじめ、各事案の概要について説明した。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:12面に掲載)

愛整振・稲沢支部が新点検基準の実務作業で研修会前のページ

愛整振・豊田支部と指定Bが合同理事会と検査員会開く次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・整商連が設備投資や人材確保への支援など要望

    自動車整備業界も大変革期を迎える中、日本自動車整備振興会連合会と同商工…

  2. 整備関係

    愛知電装組合、理事会で総会上程議案など審議

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は3月15日、…

  3. 整備関係

    愛整振・総会で川村会長を再選、特定整備対応など協調

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は6月11日、名古屋駅前…

  4. 整備関係

    整備技術を一層強化:川村保憲・愛整振会長

    令和3年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。昨年は、我が国においても…

  5. 整備関係

    人材育成など積極化:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和4年の新春を迎えるにあたり、謹…

  6. 整備関係

    特定整備施行1年、中部運輸局・林健一自動車技術安全部長特別インタビュー

    特定整備制度がスタートして1年、整備業界にとって目下の1番の課題は先進…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP