中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

点検整備推進さらに:小林博之・愛知運輸支局長

あけましておめでとうございます。令和4年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。【自動車の安全性確保と自動車検査登録手続きの利便性向上】衝突被害軽減ブレーキ等の高度な電子制御技術を搭載した先進安全自動車については、近年、普及が進んでおり、交通事故の防止に大きな効果が期待されます。高齢者による事故を削減するため、運転を支援する機能を搭載した「サポカー」について、普及啓発を行い、搭載率の更なる向上に努めてまいります。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:2面に掲載)

一層の整備技術強化:川村保憲・愛整振会長前のページ

自動運転化実証実験支援など:嘉村徹也・中部運輸局長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

  2. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本…

  4. 整備関係

    蒲郡市倫理法人会がコバックの小林社長を招き講話

    蒲郡市倫理法人会(三田俊和会長)は10月30日、蒲郡市のOYO…

  5. 整備関係

    愛整振・豊田支部と指定Bが合同役員会でコロナ禍の影響など事業報告

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊田支部(杉浦直人支部…

  6. 整備関係

    愛知のユーザー車検が前年比6・5%増と拡大傾向に

    ユーザー車検が依然として減少していかない。受検の大半は車検代行業者に変…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP